暑い日のランニング対策!汗もかくけど夏もジョギングしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
暑い時のランニング

ランニングするとき、暑いと困っちゃいますよね。

走るのが嫌になっちゃいます。

汗がダラダラ、長距離はとても走れない・・・。

当たり前ですが、夏は毎日暑いです。どうしたら良いんだろうとなりますよね。

夏には大会が少ないこともあって、モチベーションも落ちがちです。

でも夏に継続して走っておくと、秋から冬のマラソンシーズンに力を落とさず走りこむことができます。

暑い時期でも日々のランニングが継続してできる方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

暑い時期のランニングは時間帯を工夫する

朝や夕に走るようにする

暑い夏は朝や夕方の日がしずんでから、走ることをお勧めします。

日中は熱いですが、意外と朝はさわやかで涼しかったりします。

夜も意外と涼しいです。

あくまで意外となんですが(笑)

 

日中の暑い時間帯に走ると、地獄です。

それが好きな人はとめませんが、できたらやめたほうが良いと思います。

身体の負担が大きすぎます。

 

マラソン大会が夏に少ないのは、身体の負担が大きすぎるからです。

スタッフの人も、レース中いたる所でランナーが倒れられても、困るでしょう。

(余談ですが、オリンピックのマラソンも夏ですよね。私は正直やめた方が良いと思ってます。まあ、いろんな大人の事情があるんだろうけどね。世の中大人の事情ばかりです。)

 

どうしても朝や夜に走れない人は、無理しないペースで走るようにしましょう。

くれぐれも、服装や水分補給には気を付けてくださいね。

 

あえて暑い時間に走ったりすることも・・・

先ほどと逆のことを言いますが、私はあえて暑い時間帯に走ったりします(みんなにはお勧めしませんが・・・)。

暑い時間帯に走ることで、なんか特訓的な感じを刺激されるので走っています。

暑い時間に走ることで、私はこれだけしているんだという自信が生まれたりもするからです。

 

暑い時間帯に走ると、朝や夜の比較的涼しい時間帯が快適に思えたりします。

暑い時間帯に走った後、涼しい時間帯に走ると、ペースもあがるように思います。

マラソンって気持ちのスポーツでもあるので、気持ちが鍛えられたのかと思います。

単純に暑いときに比べて、楽に感じているんでしょうね。

なので、無理しない範囲で暑い時間帯も走るのもアリかと思っています。

もし暑い時間に走られるなら、無理をせず脱水や熱中症などにはくれぐれも気をつけてくださいね。

暑い時のランニング

暑い日のランニングは脱水対策必須!

暑い夏のランニングで一番怖いのが・・・

夏場で一番怖いのが脱水です。

走る前に水分をとってから走るようにしましょう。

走った後も必須ですよ。

できたら、走っている途中も。

単なる水よりスポーツドリンクが良いです。

水分以外の身体に必要な色んな成分も汗で失われるからです。

 

脱水って気付いたときには・・・

脱水って怖くって、気付いたときには倒れてたりします。

私もマラソン大会の後、疲れているけど会場をウロウロしてたりしてました。

そうしたら、突然フラっときて、座り込みそうになりました。

「あっこれって脱水?」って気付いて、奥さんに助けを求めて何事もなかったんですが・・・。

このように、脱水は気付いた時は遅いです。

早め早めに水分補給はしっかりしましょう。

 

夏場に走る工夫は?

私は夏場に走る時は、水分を確保できるようにコース設定をしています。

周回コースに水分の入ったボトルを置いたり、自宅周辺を走るようにして、すぐに水分をとれる環境で走るようにしています。

他にはボトルが入るランニングポーチを使ったりするのもいいでしょう。

特に上で紹介した暑い時間帯に走られるのであれば、特に水分は確保できるような場所を走るようにしてくださいね。

スポンサーリンク

暑い時のジョギングは服装も工夫しよう

暑い夏は服装に気をつける!

ランナーでしたらみんなやっているとは思うのですが、暑い夏のランニング時は、特にドライ素材の短パン、Tシャツで走りましょう。

綿のTシャツは汗が張り付いて、気持ち悪いです。

デザインは綿のTシャツなどの方が豊富でかっこいいんですが、汗が乾きにくいので汗でびしょびしょになりますよ。

ドライ素材のかっこいいTシャツ作ったら売れると思うんだけど、思ったより出会わないように思います。

暑い夏には音楽フェスなどが多く開催されていますが、ドライ素材のロックTシャツって意外と見かけません。

需要はあるように思うのですが、誰か作ってください(笑)

 

あと、サングラスも付けてみましょう。

夏場のランニングって紫外線が強くて、目から疲れることってあります(それにしても、目から疲れるって名言ですね。ランナーはみんな言ってるけど、誰が言いだしたんだでしょう。)。

夏に比較的長く走るのなら、ランニング用のサングラスはつけたら快適です。

ランニング用のサングラスは走っていても、ずれにくいですよ。

 

またランニングキャップをかぶるのもいいですよ。

ランニングキャップをかぶるなら、首の後ろをカバーしてくれるものもあるので、そんなランニングキャップを使うのもいいですよ。

 

夏のジョギングには日焼け止めも活用しよう

私は正直そんなにやっていないのですが、日焼け止めクリームもラン仲間は塗ってます。

私もたまに塗ると練習後ヒリヒリしないくて良い感じです。

夏は朝でもお日様の力が強いので、塗っておいた方がいいでしょう。

日焼け止めを塗る時は、腕や顔、足だけでなく、首の後ろも塗るようにしてくださいね。

首の後ろを塗らずに走ると、ラン後ヒリヒリして、日焼けしていることに気付きますよ。

 

夏の日のランニングはサクッと終わらすのもいい!

夏の暑い日はスピード系の練習をしてみる

夏の暑い日のランニングは、長時間走るとつらいので、スピード系のトレーニングをするのもいいです。

私がよくやっているスピード系のトレーニングは以下です。

坂道ダッシュ~マラソン力をあげる練習~

ウェーブ走

坂道ダッシュは150メートルくらいの坂をダッシュで登ってゆっくり下るを繰り返す練習です。

ウェーブ走は1キロなどの区間を決めて、ペースを上げ下げする練習です(1キロ速く走ったら、1キロゆっくりみたいな。)。

詳しくは上記リンクを参照してくださいね。

 

スピード系の練習をするときの注意点

ただこれらの運動は負荷も高いです。

夏は暑いので走るだけで身体の負荷が高くなりがちなので、くれぐれも体調に気をつけながら走るようにしてください。

またスピード系の練習を毎日行うのはケガのもとです。

夏場はケガはしにくいですが、くれぐれも毎日スピード練習するということはやめてくださいね。

私は暑いので普段のジョギングも特訓になるみたいに考えて、夏の暑い日はジョギング中心で練習することも多いです。

それで気分を変えるために、時折上記のスピードトレーニングを取り入れるようにしていますよ。

 

最後に

夏の暑い日のランニングやジョギングについて解説しました。

夏場のランニングを継続しておくと、涼しくなった時に自然とペースがあがったりします。

夏も継続してランニングして、マラソン体力がついたのと、気持ちでも涼しくて快適だから、ペースがあがるんでしょうね。

あの暑い時のジョギングの比べて「楽ちん」ってなりますよ。

また暑い時期はモチベーションも落ちがちです。

モチベーションを維持する方法を紹介しています。あわせてどうぞ。

マラソン練習のモチベーション低下 やる気を維持する方法!

また夏の暑い日は長時間走るのが難しいので下のようなグッズを使って、身体に負荷をかけるのもいいかもしれません。

今話題の加圧シャツはランニングでも効果的なの?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す