ロングスローディスタンス(LSD)でランニング力が向上!やり方や効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
lsd

マラソン練習のなかでも、大事なポイント練習であるロングスローディスタンス(LSD)について取り上げます。

さてロングスローディスタンス(LSD)なんですが、聞いたことない方はLSDって、なんじゃらほい?って思われている方もいるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

マラソン練習のロングスローディスタンス(LSD)とは?

LSDって何かと言うと、一言でいうと『ゆっくりペースで長時間走る練習』です。2時間とか3時間ゆっくりペースで走ってマラソンのスタミナをつけていきます。

マラソン練習のポイント練習ってやつですね。ポイント練習というとわかりにくいかもしれませんが、特別な練習ということです。普段のジョグより強度は高い練習になります。

LSD

ただ、強度の高い練習と言っても、LSDはゆっくりペースで走る練習です。ゆるくやりたいランナーにも比較的取り組みやすいポイント練習です。

 

LSDのやり方は?ロングスローディスタンスってどうするの?

じゃあ具体的にLSDってどう始めたら良いのでしょうか。

まず、ゆっくりペースで良いので(1キロ7分~8分くらい)、1時間30分くらい走ってみましょう。それが90分LSDになります。キロ7分~8分がきつい方はそれよりもペース落としても全然良いですよ。

 

ちなみに、LSDの前に時間をつけて、〇〇分LSDとか、よく言いますので覚えておいてくださいね。2時間だったら、2時間LSDや120分LSDとか言います。ラン仲間ができたら普通に会話で使うようになりますよ。

最初は1時間30分くらいから始めて、余裕度がでてきたら、徐々に徐々に時間を増やして行きましょう。90分LSDできたから、来月は120分LSDに挑戦だー!みたいな感じで徐々に時間を増やして行きましょう。

 

ゆっくりペースで走るので毎週末にできそうな気もするのですが、初めのうちは毎週やるのは止めましょう。故障のリスクが増します。

長年走っていると、毎週長時間走っても大丈夫な様に足ができてくるのですが、LSDに取り組みはじめたばかりの方にはお勧めできません。

 

実際初めてLSDを行った後はどうですか。結構足にきてないですか。僕は初めてやった後は結構足が重かったですよ。

今までのマラソンの記事で何度も書いているのですが、故障してしまうと走れず、せっかくの良い習慣が台無しになってしまいます。徐々に徐々に上げていきましょう。

 

初めての時は翌月くらいに次のLSDに取り組むで良いんではないでしょうか。

 

あと長時間に走るので水分はこまめにとるようにしましょう。脱水は怖いですよ。ペッドボトルがささるランニングのポーチやリュックがあったりしますので使ってみると便利ですよ。

こんなポーチ(ユレニクイ)もあるので参考までにどうぞ。

 

ロングスローディスタンス(LSD)の効果は?ダイエットにも効果大!

さてLSDを行っていくとどうなるのでしょうか。

一言で言うと、マラソン体力が鍛えられます。

 

マラソン体力ってなんだと思われるかもしれませんが、長時間走れる身体長時間走れる気持ちのことです。

市民ランナーの中で速いと言われるサブ4でも完走まで4時間程度はかかるのです。4時間ですよ。4時間何かずっとやりっぱなしってことありますか?

 

なかなか、ないですよね。

マラソン大会を完走するためには、長時間走れるマラソン体力をが必要になってくるんです。そのマラソン体力を鍛えるのがLSDとなります。

 

長時間走ると身体能力が鍛えられることは何となくわかると思います。長時間走る心肺能力遅筋を鍛えることができます。長時間走れる身体作りですね。

ゆっくりペースで取り組みやすい長距離走ですが、ほんまに身体に効きますよ。

 

また、長時間走ると、当然身体が重くなります。身体が重いと、「もう走るのをやめようかな。」と気持ちも、くじかれます

それを経験して乗り越えることが大事なんです。

 

僕が個人的にLSDをやって良かったと思ったのは、気持ち面を高めることができたことです。これだけの時間走れるようになったという達成感が、はんぱなかったです。

特に僕は小さいころから野球のフライもとれない運動音痴だったので、本当にやったー!って感じでした。みなさんにも、このやったー!感を味わってほしいですね。

LSDやったー

やったー!やったー!を繰り返して、徐々に徐々に走る時間を延ばしていきます。そうするとマラソン体力をどんどん鍛えることができますよ。

 

あと長時間走ることはダイエット効果はものすごく高いです。20分以上の有酸素運動が体の中にある脂肪を燃やすと聞いたことないですか。

LSDは20分どころの話ではないですよ。どんだけ有酸素運動してるねん!ってくらい走ります。当然ダイエット効果大!ですよ。LSD後、体重が減ったとラン仲間からよく聞きますよ。

 

スポンサーリンク

LSDは飽きるのが困りもの

この様にLSDって、とても効果がある練習ってことは理解できたと思います。

でも1個難点があります。それは長く走ると飽きるんです。もうええわ!ってなってきます。人間なので仕方ないですよね。

 

そこでLSDをやる時は「ながらLSD」をお勧めします。音楽を聞きながら、ラジオを聴きながらLSDです。

 

音楽が好きな人は音楽携帯プレイヤー(アイポッド等)にお気に入りの曲を入れて聞けば楽しく走れます。僕もよくやってました。景色と音楽がかみ合ったりもして、本当に気持ち良いですよ。

ただ気持ち良い曲の時に自然にペースがあがってしまうのが、困りものですね(笑)。ゆっくり走る練習なのに。

 

もう一つ、お勧めなのがポッドキャストです。無数の音声コンテンツがあります。ポッドキャスト独自の番組もありますし、民間のラジオで放映した過去放送が聞けたりします。

素人が作った番組も相当数あって、それがなかなか面白かったりします。はまってくると、そういう番組探しも楽しくなってきますよ。

 

他にはラジコというサービスもあるので参考にしてください。月額料金がかかるみたいですが、プレミアム会員になったら全国のラジオ番組が聞き放題となかなかすごいですね。

ながらLSD

LSDのコースは?~気ままに走ろう~

あとLSDをやり慣れていない方が長時間走る時はコース設定に困るのではないでしょうか。

僕はGPS時計や携帯のアプリを使って距離を測って、「気ままLSD」というのもお勧めします。普段行かないような場所に行ってみてプチ冒険をしてみては、いかがでしょうか。冒険心がくすぐられて、楽しいですよ。

 

そうして気ままLSDを何度か行うと、120分LSDするときはこのコースみたいに、ある程度定まってきますよ。もしそのコースが飽きたら、また気ままLSDをやって新たなコースを開拓したら良いんです。

携帯のアプリは「ランニング おすすめ アプリ」等で検索したら、何個もでてきます。その中から良さそうなアプリを選ばれたら良いと思います。RunKeeperとかRuntasticとかは良さそうですね。

 

ただ、個人的に僕はGARIN(GPS付きランニングウォッチ)をお勧めします。

この時計、決して安くはないですよね。

でも、長時間走るときこそ、腕元で距離や時間が確認できることは非常に便利ですし、よりストレスフリーで走れますよ。

 

まとめ

ロングスローディスタンスをやって身体が回復した後、ジョグを行ってみるとジョグの余裕度があがってませんか。とても効果のあるトレーニングなので、ぜひ取り組んでみてください。

  • ロングスローディスタンス(LSD)はゆっくり長時間走る練習
  • ポイント練習の中でも、比較的取り組みやすい。
  • LSDはマラソン体力を鍛える上にダイエット効果が高い。
  • LSDに飽きないためには「ながらLSD」を
  • 最初のコース設定は「気ままLSD」で

次は坂道ダッシュについて書いてます。よろしければどうぞお読みください。

 

マラソンのまとめ記事です。

マラソンまとめ記事~だれでもマラソンは楽しめる!~

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す