鯉のぼりの室内の飾り方!おしゃれにする方法も紹介するよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鯉のぼりを室内にかわいく飾る!

4月に入ると、鯉のぼりを飾るお家も増えてきます。

最近は様々の家庭の事情で、鯉のぼりを気軽に外に飾れなかったりします。

せっかく子供が楽しみにしているので、室内でも鯉のぼりが飾ってあげたいですよね。

そんな鯉のぼりを室内での飾り方を紹介していきます。

また、私がやっているおしゃれな方法も紹介していきますね。

スポンサーリンク

鯉のぼりの室内での飾り方は?

鯉のぼりを室内で飾る時は?

室内用の鯉のぼりも種類がいろいろあり、大きさや設置方法も様々です。

鯉のぼりを飾る時は、どこにどの大きさのものを置くのか決めてから購入したほうが良いです。

当たり前に思われるかもしれませんが、かなり大事なことです。

特に大きめの鯉のぼりは、ちゃんと寸法などを把握してから買うようにしましょうね。

買ってから大きすぎたことが分かると部屋に飾りにくいです。

せっかくの子供の日なので、サイズや設置方法は確認しておいた方が良いですよ。

 

鯉のぼりの室内用の例を挙げると

例えば、突っ張り棒のように床と天井にポールを立てて飾る2メートル超の立派な鯉のぼりもあります。大きいですね(笑)

他には子供と同じくらいの身長の40センチから1メートルのタイプもあったり(補足ですが、同じくらい身長の鯉のぼりを飾ると子供って結構喜びます)、

天井からつるす鯉のぼりもあったり、

置物タイプの鯉のぼりがあったり、

ちりめんタイプのかわいい鯉のぼりがあったり(『鯉のぼり ちりめん』で検索するとでます)、

鯉のぼりの大きさや設置方法が異なります。

鯉のぼりの室内用はかわいいよ!

色々なデザインの鯉のぼりがある

上にあげたように、最近の鯉のぼりは色んなデザインの鯉のぼりがあります。

鯉のぼりを飾る時は大きさだけでなく、家のインテリアにあったデザインの鯉のぼりを選ぶのも大事です。

 

例えば、自宅の天井から鯉を吊るして本当に泳いでいるような立体的なものがあります。

こんなつるすタイプの鯉のぼりが、自宅に合う家庭もあるでしょう。

エアコンの風などが当たるとゆらゆらと動いて、子供は頭の上を泳いでいる鯉のぼりを見て喜びますよ。

 

天井に吊るすのに抵抗がある家庭は、木彫りなどのミニチュアの鯉のぼりも良いです。

インテリアの一部として玄関に飾ったりテレビ台の上に置いたりできるので、片付けるのも簡単ですよ。

 

また、鯉の体の模様を工夫しているものもあります。

例えば、子供が喜ぶキャラクター(アンパンマンなど)が描かれている鯉のぼりであったり、

民族系の柄が描かれていたり、

国旗をモチーフにしていたりとおしゃれな鯉のぼりは多くあります。

その中であなたの家のインテリアにあったものを選びましょう。

 

鯉のぼりを室内でもおしゃれに!メリットも活かそう!

鯉のぼりはこんな飾り方をしてもおしゃれ

鯉のぼりを吊るすだけでなく、壁に貼り付けて飾ったりということも良いでしょう。

普通の布製の鯉のぼりや、子供と一緒に作った折り紙の鯉のぼりを壁に飾るのも楽しいです。

そんな鯉のぼりたちの周りにガーランド(連続旗などひもに付けられた飾り)やハニカムボールなどを飾るのもパーティ感があって良いもんですよ。

鯉のぼりのおともにガーランドやハニカムボールはどう?

いろんな飾りつけでオリジナルの鯉のぼりになって、見ていても楽しくなってきますよ。

鯉のぼりを購入するときは、こんな周りの飾りも一緒に買われても面白いですよ。

 

また、布の鯉のぼりや折り紙で作った鯉のぼりを壁に貼るのも良いのですが、壁に貼るのでしたら、ウォールステッカーというものもあります。

鯉のぼりのカラフルなシールを壁に貼り付けて飾ることが出来ます。

壁用のシールなので剥がす時も簡単なようです。

鯉のぼりのウォールステッカーはまるでパーティーのような雰囲気を演出してくれますよ。

ちなみに五月人形のウォールステッカーもあります(笑)

『鯉のぼり ウォールステッカー』で検索してみてください。

様々なデザインのウォールステッカーがありますよ。

スポンサーリンク

室内に鯉のぼりを飾るメリットも活かそう!

室内用の鯉のぼりは、家の中にあるので外用よりキレイな状態を保つことが出来ます。

なので、そんなキレイの鯉のぼりと写真を撮っても良いでしょう。

屋外にある鯉のぼりは風になびいてないと、正直、写真写りが良くないです。

キレイに風になびくタイミングとも合わせにくいですしね。

雨風で汚れることもあります。

しかし、室内用の鯉のぼりは家の中なので写真も撮りやすいです。

自分で飾ったり作った鯉のぼりと一緒に写真を撮れば思い出になります。

インスタ映えもしますしね(笑)

 

そして、気合がある人は毎年異なったインテリアにしても面白いです。

「今年の鯉のぼりはこうだぁ!」みたいな(笑)

去年使った鯉のぼりも組み合わせたりしても楽しいでしょう。

室内用はそんなに大きくないので、収納もかさばらないですしね。

 

また、室内用の鯉のぼりは子供でも扱えるサイズのものが多いので、子供と一緒に飾りつけもしやすいです。

子供と一緒に鯉のぼりをつるしたり、壁に貼ったりすると子供との良い思い出作りにもなりますよ。

 

最後に

家の中に鯉のぼりを飾る飾り方を紹介しました。

外での伝統的な鯉のぼりも良いんですが、室内で鯉のぼりを飾るのもかわいくて良いもんです。

室内用のかわいい鯉のぼりを子供と一緒に飾りつけをすると、本当に良い思い出になります。

鯉のぼりを飾って、子供と一緒に楽しい思い出を作ってくださいね。

関連記事です。

鯉のぼりの由来は?色の意味や歴史もわかりやすく紹介するよ!

五月人形ってお下がりってダメなの?もし買うなら誰が一般的?

鯉のぼりはいつからいつまで?どこに飾るの?簡単に解説するよ!

子供服が処分できない!捨てるタイミングってあるの?

子供の起こし方を小学生のために工夫する!寝起きが悪い原因も教えるよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す