鯉のぼりの処分ってどうすれば良いの?寄付?供養が必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鯉のぼりを捨てる方法ってどうするの?

親が子供の健康や出世を願って飾る鯉のぼりです。

でも、子供が大きくなると飾らなくなったり、使っていると色褪せしたりして使えなくなったとかいろいろあります。

また、購入したけどあまり使わなかったと言う人もいるかもしれませんね。

外用の鯉のぼりって設置するのって結構大変ですもんね。

そんな使わなくなった鯉のぼりの処分方法について寄付や供養が必要かどうかを含めて紹介していきますね。

スポンサーリンク

 鯉のぼりの処分はどうする?寄付?譲渡?リサイクル?

鯉のぼりを他人に譲る?

自分の家では使わなくなったけど、他の人で欲しい人がいたら「譲渡」としてあげるのも良いですよ。

親戚や友人家族に年の離れた子供がいる可能性があるので、自分の子供は大きくなったから使わないので譲ってあげると鯉のぼりも喜びます。

もし鯉のぼりに欠陥があるのであれば先にそれも伝えてあげましょうね。

ちゃんと伝えておかないとトラブルのもとですよ。

購入すると何万円もかかるため、状態が良ければもらう側も嬉しいでしょう。

ちなみに鯉のぼりには子供の健康祈願や子孫繁栄の意味もあるので、女の子がいる家庭でも欲しい家もありますよ。

 

ネットオークションで鯉のぼりを再利用してもらう

また、未使用であったり数回しか使わなくて綺麗なままの鯉のぼりでしたら、オークションやフリマサイトに出品することもできます。

喜んでもらえる家庭があるのであれば、売り手としてはお金が入るし、受け手としては安く購入できるので一石二鳥ですね。

 

鯉のぼりを寄付する?

「子供が大きくなるまで使い続けてきた鯉のぼりを捨ててしまうのは抵抗がある」と言う人は、寄付をするのも良いです。

住んでいる近くの幼稚園や小学校、児童施設で欲している場合があります。

幼稚園に鯉のぼりが泳いでいたりもしていますよね。

また鯉のぼりフェスのように、多量の鯉のぼりを泳がしている市町村もあります。

自治体によっては受け取り先を探してくれたりするかもしれないので、相談してみてください。

捨てる事なく、使い続けてもらえるのはありがたいですよね。

鯉のぼりがいらなくなった。どうしよう?

鯉のぼりの供養の方法はどうするの?

鯉のぼりを供養する方法は?

鯉のぼりを一般ごみとして捨てるのは気が引ける人は、神社やお寺で供養してもらう方法があります。

全国でも鯉のぼりの供養イベントを行っているところはあり、費用は5000円程でしてもらえることが多いです。

内容は様々で、大量に集められた供養する鯉のぼりを川で泳がせたり、お寺で炊き上げたりします。

全国各地で開かれている鯉のぼりフェスは供養の意味合いもあるんですね。

 

一般的には、人形供養を行っている神社では鯉のぼり供養もしてくれるところが多いです。

最近では、民間でも供養してくれる業者もあるそうですよ。本職の人に任せるのは、こちらとしても安心ですよね。

『鯉のぼり 供養 〇〇(地域名)』で検索すると、出てきたりしますよ。

スポンサーリンク

鯉のぼりを自宅で処分、供養するには?

鯉のぼり自体は燃えるゴミなど、竿や矢車は、粗大ゴミや不燃ゴミとして出すことができる場合が多いです。

大きくて捨てれない場合などは、自治体に相談して処分しましょう。

こんなふうに一般ゴミとして破棄することもできるのですが、そのまま捨てるのはちょっと気になるって人もいると思います。

そこで自宅で供養する方法を紹介しておきますね。

  1. 清潔な布で鯉のぼりを拭き、白の大きな和紙(なければ捨ててもよい風呂敷でも可)の上に置く
  2. 一礼と合掌しながら感謝の気持ちを伝える
  3. 鯉のぼりに塩を振りかけ、お清めをする
  4. 和紙で包み、処分する

ちなみに人形やぬいぐるみも同じように供養ができますよ。

 

最後に

使用しなくなった鯉のぼりを処分する方法を紹介しました。

また、今回紹介した内容以外にも、他には購入した店などに相談しても良いアイデアを貰えるかもしれませんよ。

鯉のぼりには大切な思い出が込められているので、感謝の気持ちをこめてちゃんと処分したいですよね。

今回紹介した内容が少しでも役立てば幸いです。

関連記事です。

夫婦の休日がつまらない!旦那がストレス!結婚生活を楽しくする方法は?

夫婦の休日の過ごし方を別々にするのってあり?土日別行動でも大丈夫?

鯉のぼりのお手入れの仕方を知りたい!洗い方や保管方法を教えるよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す