内向的な人見知りは行動力がない!フットワークを軽くする方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
人見知りがフットワークを軽くする方法!

人見知りって、まじめなのでフットワークが重いです。

フットワークが重く行動力がないです。

人見知りは適度な軽さを意識しましょう。

人見知りが適度な軽さをになることを書いていきます。

スポンサーリンク

人見知りが適度な軽さを意識するとフットワークが軽くなる!

物事をまじめに考えすぎると、行動ができにくくなります。

適度に軽く考えると、行動がしやすくなります。

フットワークが軽くなるというか。

 

まじめな人見知りから見て、フットワークが軽い人って適当に生きているように見えるかもしれません。

別にフットワークが軽い人適当に生きているわけではないですよ。

 

逆にまじめな人見知りって完璧主義になってませんか。

完璧に考えすぎて、行動できないとか。

職場で、学校でちゃんとした人間関係を築こうとして、結局うまく築けないみたいな。

 

人見知りはある程度考えたら、軽さを意識して行動するようにしましょう。

人見知りにとって軽い人は、軽さの先生になりますよ。

 

僕も重く考えがちなんです。

軽い人間を違う世界に住む人間なんだと感じてました。

僕は軽い人を先生って思うようになって普段の生活で気付きを得ることができるようになりました。

普段の生活で気付き(笑)

我ながら人見知りらしいまじめな言葉ですね。

 

人見知りが行動力をあげるコツ

人見知りはまじめに考えすぎて、自分にプレッシャーをかけすぎです。

そんな人見知りは、たまには思いつきで行動をしてみても良いかもです。

フットワークが軽い人って、失敗を恐れずとりあえず行動って人が多いです。

 

いつもいつも思いつきの行動をするのは、人見知りには荷が重いかもしれませんが、たまには良いと思います。

直観で行動するのはバカのようなイメージがあるかもしれませんが、直観も捨てたもんじゃないですよ。

 

思いつきで行動したら、当然失敗するリスクも高くなります。

だから、失敗してもダメージが少ないことから、やってみましょう

フットワークを軽くなるためには、失敗を恐れていてはできませんよ。

まじめな人見知りは失敗怖いですよね。

僕もそうです。

 

でも失敗しないと、失敗慣れしません。

失敗慣れ図太さです(笑)

図太さフットワークの軽さにつながります。

人見知りは小さい失敗に慣れましょう。

小さいダメージの少ない失敗からはじめてみましょう。

スポンサーリンク

人見知りは会話も適当な軽さを意識しよう!

人見知りは、軽さが最も出ないのが、人との会話です。

だって、人見知りですもん(笑)

人見知りは会話するとき、軽さを意識しましょう。

 

普段の会話って雑談です。

雑談をよく聞いてみると、本当に適当に思いついたことを話してますよ。

会話軽くて良いんです。

軽いのでギャグが滑っても良いんです。

滑ったことを笑いにしたら良いんです。

 

人見知りって普段の会話すら、重く考えがちです。

普段の雑談って本当にくだらないことを話してますよ。

 

なかなか会話に軽く参加することが難しい方は、雑談観察することから始めてください

自分だったら、こう話すみたいに、頭の中でシュミレーションしてから、会話に参加しても良いかもしれません。

こんなシュミレーションをする時点で軽くないかな(笑)

 

軽く会話するためには、こんなステップも必要なんですね。

困ったもんです、人見知りは(笑)

人見知りの僕も思い返すと、こんなステップ踏んでました。

僕はその観察していた環境では結局出せず、転職などで環境が変わったときに観察していた軽さを出しました。

人見知りの転職デビューっすね(笑)

 

最後に

人見知りはとにかく重く考えがちです。

だから、行動力がないです。

適度な軽さを身につけましょう。

重く考えるのが人見知りです。

軽く軽くくらいで、ちょうど良いです。

やってみないと、適度な軽さって身に付きませんよ。

 

失敗、ダダ滑り、全部オッケーです。

人見知りが軽くなる成功へのステップです。

成功へのステップって!(笑)

重っ!

関連記事です。

メンタルブロックの見つけ方!人見知りはメンタルブロックを自分で外すんだ!

イエスと言わせる方法!人見知りも会話や交渉で「はい」と言ってもらう!

人見知りで引っ込み思案をなおす方法!「興味がない」から「ある」へ

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す