「マラソンって何が楽しいのか?」って思う方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マラソンって何が楽しいの?

僕は長年ランナーしています。

長年走っていると、「マラソンって何が楽しいのか?」って時々聞かれます。

走っている間しんどいし、走った後フラフラだし、やりすぎたら倒れたりします

また、大会でるためには日々の練習も必要です。

速いタイムで走りぬけたかったら、それなりの練習も必要です。

確かに、マラソンのどこが楽しいのかって質問したくなりますよね

 

マラソンを職業にしている人だったらわかるけど、趣味で走っている人なんか特に「なんで?なんで?なんで?」でしょうねぇ。

でも、長年走っている僕は断言します。

「楽しいです!!!」と。

長年ランナーしている僕が、なぜ楽しいかをつづっていきますね。

 

スポンサーリンク

マラソンを走ると成長を実感できる

マラソンの楽しさの一つは、成長を実感できることです。

特に走り慣れていな人が、走り始めた時は、グングン成長します。

本当にグングンですよ。

 

どんな年齢になっても、無理せず練習したらどんどん走れるようになります。

速く走れなくても、500メートルしか走れなかったのが、1キロ走れるようになったり、成長を実感できます。

その成長が楽しいんです。

人間って大人になると、変わらない、あるいは変えれない、成長もしにくいって言います。

マラソンは大人になっても変われることが、身体を通して実感できます。

 

特に走り始めのグングン成長は、みんなに経験して欲しいです。

大人になっても成長できるって、本当に楽しいです。

「おもしれー!また前より走れるようになったわぁ!」ってなりますよ。

マラソンって何が楽しいのか

走って達成感を得られるのが楽しい

あまり走ったことがない方にとって、42.195キロって途方もない距離のように思います。

それが大人になって、少しずつ練習を重ねると走れるようになるんですよ。

すごくないですか?

達成感がはんぱないです。

 

自宅から42.195キロ先って、結構な場所まで行けませんか?

東京で例えると、山手線1周が35キロくらいだったはず。

山手線1周しても、まだまだ42.195キロに達してないんですよ。

そんな距離を自分の足で走って行けるようになるって、すごくないですか。

 

42.195キロを走れたときの達成感はなかなか良いもんですよ。

走れたっていう達成感が楽しいんです。

 

スポンサーリンク

 

マラソンを走ることは、自己表現になる

また、42.195キロを走るランナーは様々な思いで走ってます。

初心者からベテランランナーまで様々の思いで走ってます。

自己ベストを更新するため。

身体や気持ちを強くしたいから。

自分に自信を持つため。

友達に誘われたから。

・・・・

などなど、

様々な思いで走ってます。

気持ちに重い、軽いはないかもしれないけど、あえて言うと、重い気持ち、軽い気持ち、様々な気持ちで走ってます。

 

マラソンを走るってことって、「自分はこういうやつなんだ」という自己表現とも言えます。

「僕はマラソンを通して、こういうことがしたいんだ」という自己表現です。

「42.195キロを走って、こんなふうになりたいんだ」と。

 

また、人からも「あの人はマラソンを走っている人なんだ」と思われます。

マラソンを完走すると、たいていの人は「すごい」と思ってくれます。

マラソンのしんどさは何となく、みんなわかるからです。

 

人ってなかなか「すごい」と思われないです。

大人になると特に。

マラソンっていう自己表現が、人にすごいって思われる

これって楽しくないですか?

僕は痛快に思います。

 

自分もあげれて、周りの評価もあがる。

こんな楽しい自己表現ってなかなかないですよ。

 

最後に・・・マラソンは楽しい!

最後にもう一回言います。

「マラソンって何が楽しいの?」って聞かれたら、

「楽しいです!!!」って断言します。

 

マラソンって体育の授業の時に嫌々走らされたためか、マラソンって食わず嫌いの人が多いです。

軽いジョグで良いので、はじめてみませんか?

はまっちゃいますよ。

 

マラソンまとめ記事です。

マラソンまとめ記事~だれでもマラソンは楽しめる!~

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す