ロードバイクの夏の練習のコツは?暑い日もかけぬけろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ロードバイクの夏の日のトレーニングは?

私にとって、梅雨明けからの夏場はトレーニングのメインシーズンです。

私は、冬場にシーズンをむかえるレースをメインレースに置いているというのもあるからですが。

温暖化の影響からなのか、夏場の環境も、私がロードバイクに乗り始めたときとはかなり変化したように感じられます。

けだるいような暑さは年々上昇を続け、長時間のライドはかなりリスキーになりました。

しかしながら、夏のトレーニングはこの暑さをのぞいては一番楽しい季節です。

そこ私が実践していたり知人が実践しているロードバイクの夏の練習のコツについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ロードバイクの夏の練習のコツ!

ロードバイクの夏の練習の特徴は?

夏は何と言っても暑い。これにつきます。

暑さは走行時のデメリットも多いのですが、気温が高い分身体の故障のリスクは下がるとも言えます。

気温が高いので、身体が冷えてしまいがちな雨の日のトレーニングにおいても、ある程度の時間であれば可能なので、トレーニングスケジュールをこなしやすくもなります。

 

夏トレーニングはこれを守れば快適!

夏のトレーニングにおいて私が決めているルールについて話していきます。

・朝早くからトレーニングを開始し、一番暑い時間帯は避ける。

 とにかく暑い最近の夏場は想像以上に消耗します。

朝早く走ると、気温も真昼よりはだいぶ穏やかなので、そのうちにトレーニングしたいものです。

日差しの浴びすぎは次の日の疲労感にもつながり、トレーニングや仕事にも影響しかねません。

できるなら、涼しいうちにトレーニングを終わらせてしまいましょう。

 

・とにかく小まめに水分を補給する

当たり前のことと思われるかもしれませんが、小まめな水分補給は必須項目です。

田舎道を選んで走るのが好きな私は、自販機の場所、峠前の最終コンビニをしっかり把握しています。

夏の水分補給はかなりの量になります。

自販機、コンビニに加え、貧乏な若者時代はトレーニングルートの湧き水の場所も把握していました。

知人からは、「湧き水を見つけたらその上に家や建物がないか確認して、何も無ければオッケー」なんて、ざっくりとしたアドバイスを貰いましたが、それを実践して、失敗した事はまだありません (笑)まあ、自己責任でお願いします。

 

・可能なら郊外の田舎道を走る

これは可能な範囲となるかと思いますが、峠道や林道などは森林が日をさえぎってくれたり、カンカン照りでも湿度が安定していたりと何かと暑さを緩和してくれます。

避暑地的な感覚でしょうか。

アップダウンもあって短い時間でも中身の濃いトレーニングが可能なので、ぜひ近くの峠や林道などもコースに入れてみてください。

ロードバイクの暑い日の練習は?

ロードバイクの夏の暑い日のトレーニング内容は?

私の夏の日のトレーニングを紹介

夏のトレーニングはロードレーサーであればシーズン真っただ中となるため、トレーニング内容は多岐に渡ります。

しかしながら、私は夏のトレーニングの7〜8割を有酸素トレーニングに費やしています。

ロードレースにおいて一番大切なのは、「小さな負荷で速く長く走れる。」ことだと考えているので、有酸素域をとにかく繰り返し鍛えています。

そうする事で勝負どころでスタミナを有効活用し勝利につなげやすくなります。

また、夏は涼しい季節よりもただでさえ体力を奪われるので、高負荷トレーニングの繰り返しは体に疲れを残しがちです。

そこから一度慢性疲労となれば、長く不調が続いたりして不安定になったり、パフォーマンスを発揮できなくなります。

その事から私はレースの3週間前までは、とにかく有酸素トレーニングを最低でも1ヶ月は取り組みます。

そこから少しずつインターバルなど高負荷のトレーニングを入れこんで1週間前の頭にピークを持ってきます。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

夏トレーニングの必需品は?

・サイクルキャップ

滴る汗が顔に流れるのを抑えてくれます。

・ダブルボトル

必ずダブルボトルででかけましょう。水分補給は大事です。

・アームウォーマーとウインドストッパーベスト

平坦などを走る時は適度に風を切るので体温が上がり過ぎないので、ある程度ちょうどいい感じで走れます。

でも、長い登りを登るときは、スピードも減少して風を受けられないためかなり汗だくになります。

そのまま林道などの下に入ると思った以上に寒く感じる事が多々あります。

そんな時のためにかさばらないアームウォーマーとベストはおススメです。

・コンビニで買うといいもの

2Lの水とアイスボックスの組み合わせをおすすめします。

アイスボックスはみんな知ってるクラッシュアイス型のアイス菓子ですね。

ダブルボトルに水だけだと、うまく身体に取り入れられないので水+アイスボックスをボトルに入れるのがおすすめです。

少しだけ冷たさも持ちます。

 

最後に

ロードバイクの夏の暑い日の練習について解説しました。

夏は暑さを制して快適に楽しくロードバイクのトレーニングをしましょう。

今日の記事が少しでも夏の日の練習に役立てばうれしいです。

関連記事です。

ロードバイクで坂道が登れない!登り方をベテラン自転車乗りが教えるよ

ロードバイクの下り坂って初心者は怖い?テクニックを教えるよ!

ロードバイクの雨の日のトレーニング!練習のコツを解説するよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す