ロードバイクの雨の日のトレーニング!練習のコツを解説するよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ロードバイクの雨の日のトレーニング

雨の日でもロードバイクに乗りたいってことあると思います。

でも、正直な話をいうと、雨の日のロードバイクトレーニングは危険が伴うため、私はあまりおすすめしません。

それでも通勤やレースへの参戦などでスケジュール通りに自転車に乗らなければならない場合も多くあると思います。

そんな雨の日のロードバイクの走行について解説していきます。

スポンサーリンク

ロードバイクの雨の日のトレーニングは危険が多いので注意!

ロードバイクは長距離を、よりストレスなく走るために設計されています。

タイヤは路面との摩擦抵抗を減らすため、ほかの自転車よりパンパンに空気を入れ、タイヤ幅もかなり細く設計されています。

摩擦抵抗が少ない=グリップがない

とも言えるので、ロードバイクタイヤは雨の日は思った以上に滑ります。

ましてや、マンホールや側溝の金属蓋を踏んで少しでもバイクを傾けようものなら、あっという間に転倒します。

 

雨が滴り落ちて、サングラスをしていても雨水が目に入ってきたり、そもそもサングラスの視界も奪われます。

制動距離も、ブレーキとホイールの間に雨水が入るため、かなり伸びます。

走行が長時間となれば、夏場でも体温が下がり、集中力も低下傾向です。

危険を挙げればきりがないのが、ロードバイクの雨の日走行です。

それでも乗るときは、上で説明したことをしっかり把握した上で一つ一つ対処する事をおすすめします。

では、私が実践したり、アドバイスをもらった事がある雨の走行の対処法を紹介していきます。

ロードバイクで雨が降っているときの注意点は?

ロードバイクの雨の日のトレーニング走行のコツ

雨の日のトレーニングはルート選びも大事

雨に限らず、濡れた路面はとにかく滑ります。

特に下り坂はスピードも上がり大ケガにつながるため、注意が必要です。

峠などでは、濡れた路面に苔(こけ)が張っていることも多く、グリップゼロなんて事もしばしばです。

実際私はそんな路面で何度か転倒した事があります。

対処法と言うよりまずは、雨の日は下り坂を避けたルートを選ぶことが重要だと思います。

厳密には下り坂のカーブが最も危険な箇所となります。

 

ロードバイクの雨の日の下り坂のコツは?

下り坂を避けるのが難しいのであれば、

  • スピードを上げすぎない
  • バイクを傾けすぎない

という基本中の基本を守りましょう。

そうする事で、最低限のグリップでも滑りにくいです。

それから、ある程度前もってブレーキをかけ始め、ホイールとブレーキの間の水を切っておくのもいいと思います。

そうする事で、ブレーキのかかりが良くなります。

 

下り坂のカーブを曲がる場合はできる限りカーブ前で最適な速度まで減速して、カーブ途中ではなるべくブレーキはかけない方が安全です。

もし、ブレーキが必要な場合は、前輪ブレーキ(右ブレーキ)ではなく後輪ブレーキを使う方がベターです。

 

平坦な道はココに注意!

平坦においても交差点などで曲がる際のマンホールのふたに気をつけましょう。

曲がる時は絶対にマンホールの上を走らない事!必ず滑ります。

脚がペダルがくっついているロードバイクは交差点の低速での転倒でも大ケガにつながります。

スポンサーリンク

自転車の雨の日練習の持ち物は?

雨走行において、用意したい物を挙げていきます。

レインジャケット

上下が分かれていない普通のロングレインコートはタイヤに絡まる危険性があるので絶対やめましょう。

ロードバイク用のレインジャケットは、前傾姿勢になってもお尻が濡れない様に後ろのたけが長くなっているのでおすすめです。

 

シューズカバー

ロードバイクシューズ用のカバーです。

主に防寒用に使うことが多いのですが、雨を防ぐタイプのシューズカバーがあります。

完全防水の物は夏はかなり蒸れますが、冬は快適です。

足とカバーのすきまから水が浸入してくるので、テープで止める人もいますよ。

 

泥よけ

ロードバイク用の簡易泥よけがあります。

ロードバイクは普通、泥よけがないので、雨の日だけワンタッチで助けられるものがおすすめです。

これが無いと、お尻がびしょ濡れですぐに体温を奪われます。

 

サイクルキャップ

ヘルメットの下にかぶるサイクルキャップですが、これを被る事で、雨水が顔に流れるのを防げます。

頭をつたってくる水はそのまま帽子のツバから流れてくれて顔には流れにくくなります。

これはかなり必須アイテムと言えます。

 

室内トレーナー

これは雨の日の走行とは少し違いますが、トレーニングとして雨の日も乗りたいのなら、ロードバイクを乗せて家でトレーニングが出来るローラー台でのトレーニングがおすすめです。

 

最後に

ロードバイクの雨の日のトレーニングについて解説しました。

何度もいいますが、雨の日のロードバイクは危険です。

雨の日の危険を知って、無理なく楽しくロードバイクを楽しんでくださいね。

関連記事です。

ロードバイクの下り坂って初心者は怖い?テクニックを教えるよ!

ロードバイクで坂道が登れない!登り方をベテラン自転車乗りが教えるよ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す