風邪予防に水を飲む?食事?運動?手洗いマスク以外の対策を知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
風邪を予防するには水を飲む?食べ物?運動?

風邪の予防方法として、マスクや手洗い、うがいは良く言われています。

ただマスクや手洗い、うがいしていても風邪にかかった経験がある方も多いと思います。

手洗いうがいはしているけど、忘れがちだしね。

マスクや手洗いもするけど、もっと他の風邪対策も知りたいですよね。

そこで、マスクや手洗いうがい以外で良く言われているのが下記です。

  • 水を飲む
  • 食べ物
  • 運動

そんな、マスクや手洗いうがい以外の他の風邪対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

風邪の予防に水を飲むことは?手洗いうがい以外で対策してみる!

手洗いうがい以外で良く言われる風邪を予防する方法が

水を小まめに飲む。

ということです。

シンプルですねぇ。

20分おきに飲まれると良いようです。

トータルで一日2.5~3リットルくらい飲むと良いそうです。

 

うがいは菌をはき出すから、風邪対策になるのが何となくわかりますよね。

でも、水を小まめに飲むのが風邪予防になるのって何故なんでしょう?

それは

  • 口や鼻の中の乾燥を防ぐから
  • 水を飲むことで、のどに付いた病原体を洗い流すから

の2つが理由です。

 

口や鼻の中の乾燥を防ぐと風邪予防になる

なぜ口や鼻の中の乾燥を防ぐと、風邪予防になるのかと言うと、口や鼻の中が適度に潤っていると風邪のもとになる病原体を外部に出してくれやすくなるからです。

風邪は喉や鼻についた様々な病原体が原因でなることが多いです。

人間の喉や鼻の粘膜には繊毛があります。

この繊毛が風邪のもとになる病原体を、身体の外に出してくれる役割を担っています。

繊毛は適度に潤っている方が活動が活発になります。

当然ながら、繊毛活動が活発になると、風邪をひきにくくなります。

小まめに水を飲むことで、適度に繊毛に潤いを与えてるので、繊毛活動が活発になって風邪予防になるということです。

 

水を飲むことで病原体そのものを洗い流す

また、適度に水を飲むと喉についた病原体を胃の中に洗い流す効果もあります。

胃の中に病原体を洗い流して、胃液の力で風邪の病原体をやっつけます。

 

ただ、小まめに水をとることは風邪をひきおこす病原体には有効と思われますが、ノロウイルスの場合、逆効果になってしまいます(胃の中に嘔吐下痢を引きおこすノロウイルスを運んでしまう)。

また、水を飲むことで風邪予防になる医学的な根拠となるデータはないと言われています。

ただし、上記のように水を小まめに飲むことで、繊毛運動が活発になるのは事実です。

冬は乾燥しやすいですしね。

個人的には他の風邪予防と、水を飲むと言う予防法を組み合すのはありではないのかなと思います。

もし迷われるなら、医師や親や友人など様々な人の意見をきいてみたらどうでしょう。

風邪予防に水を飲む?

風邪を手洗いうがい以外で予防する方法!食べ物編!

風邪を食べ物からも予防することができます。

風邪を食事で予防するためには、

  • 体温を上げてくれる食べ物
  • 免疫力を上げてくれる食べ物

の2つが重要です。

 

体温を上げてくれる食べ物

体温が高いと風邪もひきにくくなります。

体温が低いと新陳代謝と酵素の働きが低下して、結果免疫力が落ちます。

体温が1度下がると免疫力が37%低下するなんていう話もありますよ。

体温を上げてくれる食べ物としては香辛料やショウガ、ニンニクがあります。

またネギやニラ、パセリなども体温を上げてくれます。

上の例のように体温を上げてくれる食べ物は、調味料や料理のアクセントとして使用しやすいものが多いですね。

冬の食べ物って上記のような食材を使った食べ物が多いような・・・。

昔の人って、これが風邪予防になるってわかってたんですかねぇ。すごいな。

 

免疫力を上げてくれる食べ物

免疫力を上げてくれる食べ物は、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンCが入っている食べ物が有効だと言われています。

タンパク質は肉、魚、納豆、ナッツ類などからとれます。動物性たんぱく質と植物性たんぱく質をバランスよく組み合すのが大切です。

ビタミンAは、ホウレン草やカボチャ、ニンジンや乳製品に多く含まれてます。

ビタミンCは柑橘類、ねぎ、ブロッコリー、大根などに含まれています。

冬が旬となる食材が多いですね。

季節のものを食べるのが身体に良いなんて聞きますが、まさしくですね。

 

これらの食べ物を使うと、風邪にひきにくくなると言われています。

これだけの食材をどう使ったらよいのだろうと思われているかもしれませんが、冬っぽいメニューをやれば良いだけだと思います。

鍋やシチューなんか自然に上記食材が入ってきますよね。

 

また、バランス良い食事が一番って言われています。

体温を上げる食材の香辛料なんか簡単に付け合わすことが出来ると思います。

上記の食材をバランスよく食べていきましょうね。

スポンサーリンク

風邪予防のために運動は?

風邪予防には適度な運動も効果的と言われています。

風邪予防のための運動でおすすめは、ウォーキングなどの軽い有酸素運動です。

1日20分以上のウォーキングを継続すると、運動しない人に比べて、風邪にかかる確率が半減するなんて説もあります。

ウォーキングのような軽い有酸素運動はストレスや睡眠不足など免疫力を下げる原因を取り除くことができます。

適度な運動は気分転換になるし、適度な疲労は質の良い睡眠につながります。

睡眠不足だと風邪の引きやすさが5倍以上になると言われていますよ。

 

運動は風邪予防になりますが、あくまで適度な運動が風邪予防になるということを注意しておいてください。

激しい運動はかえって免疫力も下げたりもします。

例えば、マシンを使った激しい筋トレは風邪予防と逆効果になります。

運動は何でも風邪予防になるわけではないので、注意しておきましょうね。

 

適度な有酸素運動は風邪予防にも効果的ですが、風邪が流行る時期は外が寒く空気も乾燥していることが多いです。

服装や水分補給に気を付けて、適度な有酸素運動をやってみてくださいね。

下の記事はマラソンに向けたウォーキングの記事ですが、無理ないウォーキングの行い方などを紹介して参考になると思います。

マラソン初心者はウォーキングから!習慣化の方法やスピードは?

よければお読みください。

最後に

手洗いやマスク、うがい以外の風邪予防の方法を紹介しました。

  • 水を飲む
  • 食べ物
  • 適度な運動

の3つの風邪予防の方法をお伝えしました。

これらの方法を実践して、できる限り風邪を引かないように元気に過ごしていってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す