自分の可能性を信じる!過去を悔やむあなたに引きずらない方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
過去の解釈

あなたは自分の過去の経験にひきずられることってないですか?

ハッと気づいて考えてみると、僕はひきずれまくってます。

自分の過去を受け入れられないと言うか。

こんな経験したから、〇〇できない。こんな風に育てられたから、〇〇な性格だ。等々。

あるとき、これって自分の可能性を限定してしまっていないか?って思ってしまいました。

過去に経験したことって解釈しなおすことできないかのかなって。

そのことについてつらつら書いていきます。

スポンサーリンク

自分の可能性を信じるんだ!過去って本当に変えられないの?

過去は本当に変えられないのかなぁって思います。

何でそんなこと思ったかと言うと、過去にこういう経験した→だから〇〇は無理だ。みたいなこと多くないかなと思ったからです。

 

小さい時から人見知りの性格だった。だから人見知りです。

昔から算数が苦手だった。だから数学も苦手です。

昔から不器用だった。だから不器用です。

・・・・

などなど。

 

でも、それってほんまにほんまに本当なの?

確かに過去のことって積み重ねです。

そのとき、そのときの自分が判断してます

 

例えば、

大昔の自分が過去の経験から人見知りと判断した。

次に昔の自分が過去の経験から人見知りと判断した。

ちょい昔の自分が過去の経験から人見知りと判断した。

今の自分が過去の経験から人見知りと判断した。

その積み重ねで自分は人見知りと判断してます。

これって負のループになってませんか。何か可能性を否定していることになってませんか。

自分の可能性を信じる

過去を引きずらないために!

確かに過去にあった出来事自体は変えることはできないです。その出来事は事実なんだからねぇ。

でもね解釈というか、過去のとらえ方は変えることができるんじゃないかと思います。

その過去を解釈しているのは、今の自分だからです。

それに過去の自分がそういう負の判断したからって、今もそういう判断する必要ないじゃないのかなと。

 

何故なら、幼い時の自分よりはるかに成長しているからです。

今の自分は昔の自分に比べて、対策を考えれないですか。

過去の自分が人見知りだったから、今も人見知りである必要ないですよね。

改善する方法はいくらでもあるというか。

 

過去の経験があったから、今の僕があります。

でも過去に嫌な体験をしたからといって、今の状況は必ずしも関係しないはずです。

その過去に引きずられる方が問題です。

だって今感じているのは今の自分なんだから。

 

過去に対する思いが、今の気持ちを左右しているです。そう思うと怖いですね。過去の解釈って、自分で自分にかけた呪いみたいなものなんかな。

ほんまに可能性を狭めていますよね。

 

だから過去の自分をもう一回考えてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

過去を悔やむのではなく解釈をとらえなおす!

みんなの前で話して恥をかいたことがあります。だから、人前で話すのが苦手と思ってます。

そういう過去の解釈に対して、それって本当?ってたまには自分に聞いてみたら良いと思います。

過去の経験したことが今の行動のブレーキになっていないか?という視点で見てみると、結構ブレーキかけまくりな自分に気付かされますよ。

 

心に余裕がある時で良いので、自分が苦手な物に対して「それって本当?」「なぜ?」って聞いてみてください。うわぁーってなります。ブレーキ、制限、ブレーキ、制限かけまくりです。

過去の受け入れらない自分と直面するので、本当に心に余裕がある時で良いですよ。

僕もすぐには直せないかもしれません。

それくらい積み重ねの判断ってすごい力です。

その積み重ね力に対抗するためには、過去に失敗したことがあるから今逆に失敗しないと捉えなおしたら良いのかなと思います。過去の失敗すら今成功するための資産と捉えなおすというか。

なかなか難しいけどね。

でも、自分の可能性を信じるために過去の解釈なんて、どんなにもとらえなおすことができるってこと覚えておいて欲しいです。

 

まとめ

過去の解釈って今の自分のブレーキになってることに気付きました。

過去の解釈を疑ってみることから始めてみます。

また過去の失敗が今の成功につながると捉えなおしてみようかな。

関連記事です。

メンタルブロックの見つけ方!人見知りはメンタルブロックを自分で外すんだ!

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す