鳴門のお祭り 阿波踊り!前夜祭で花火も見えるよ!日程や特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鳴門の阿波踊り!花火もあるよ!

夏の祭りの代名詞ともいえる阿波踊り

阿波踊りって徳島市内だけではないんです。徳島県の各地で行われたりしています。

鳴門の阿波踊りは徳島市内の阿波踊りより、一足早く開催されます。

徳島市内の阿波踊りもゴージャスで良いけど、鳴門の阿波踊りもなかなか良いですよ。

鳴門の阿波踊りは8月9日~8月11日までの開催です。毎年だいたいこの日程です。

(ちなみに徳島市は8月12日~8月15日の開催です。)

また前夜祭として、8月7日に花火大会8月8日には鳴門市文化会館選抜阿波踊り大会もあります。

 

徳島市より一足先に、鳴門の阿波踊りを楽しんでみませんか。

地元民の僕が鳴門の阿波踊りの魅力を紹介します。

スポンサーリンク

鳴門の阿波踊りの特徴!

徳島市と比べると会場は徳島市と比べると、こじんまりとしています。

でも、徳島市と比べるとなんで、お祭りスペースとしては十分大きいですよ。

 

徳島市は逆にゴージャスすぎて、全部の場所を周るのは大変です。

また徳島市の阿波踊りは人混みもえげつないです。

阿波踊りの血が流れていると言われる地元民の僕も、あの人混みはちょっと勘弁って感じです。

 

でも、鳴門の阿波踊りは人も多すぎないです。

適度な広さで、子連れお年寄りでも周りやすいです。

かといって、寂しいということもなく、お祭り感を楽しめます。

鳴門の阿波踊りは適度に楽しめる人混みですよ。

僕も去年は小さい子連れで行きましたが、本当に混む場所だけ気を付けたら、快適に楽しめましたよ。

まあ、本当に混む場所って言っても、徳島の混みっぷりからしたら、全然ましな混み具合だけどね。

 

また、鳴門の阿波踊りなので、有名連の他に地元の連も踊りますよ。

ちなみに連は踊りのグループのことです。連ごとに微妙に踊りが違っておもしろいですよ。

そういう地元連を楽しむのも、一興ですよ。

鳴門の阿波踊りに向けて、地元の連に所属している人達は練習しています。

子供もいたりして、地元の子供が踊る阿波踊りもかわいいですよ。

鳴門に来た感が味わえますよ。

鳴門のお祭り阿波踊り

鳴門の有料席のチケット?駐車場は?

8月9日~8月11日まで開催される阿波踊りの桟敷席(「さじきせき」と読みます。有料席です。)は、例年通りでしたら、前売り券600円、当日800円です。

前売り券はコンビニ各社で購入できます。

前売り券を買った方が安く買えますね。

 

ただ、直前まで行けるかどうか、わからない方もおられると思います。

僕が去年行った時は有料席も空いていました。

確実ではないですが、例年通りの人混みだったら、当日券も買えると思います。

有料の桟敷席だったら、座って近くで見れます。

踊り子さんによっては、カメラを構えると、ポーズ取ってくれますよ。

 

ちなみに僕は桟敷席ではなく、フラフラ屋台で買い食いしながら、阿波踊りを見るのが好きです。

鳴門の阿波踊りはフラフラ見て周るのに最適な広さです(笑)

桟敷席がいっぱいだったら、フラフラ周っても十分楽しめますよ。

桟敷席がある大通りを一本外すと、大道銀天街(すごい名前だ)があります。

そこでも無料で阿波踊りが楽しんで見れますよ。

 

前夜祭として8月8日に開催される鳴門市選抜阿波踊りは、前売り券700円当日券800円です。

鳴門市文化会館が会場で、18:30開演です

地元民の僕も何度か行ったことがありますが、外でなくホールで見る阿波踊りもなかなか良いもんですよ。

よければどうぞご覧ください。

 

また、駐車場なんですが、全日程とも鳴門市文化会館が駐車場になっています。

例年、結構混み合います

公共交通機関で来ても良いかもです。

ただ、その公共交通機関もまあまあ混み合うんですが・・・。

スポンサーリンク

鳴門の阿波踊りの前夜祭、花火は?

鳴門の阿波踊りの前夜祭として、花火もあります。

例年通りでしたら、8月7日 19:45~20:50の予定です。

5000発以上の花火が打ち上げられます。

地方の花火としては、かなり大規模ではないでしょうか。

有名な大曲の花火と同数、打ち上げられます。

 

撫養川沿い親水公園で行われます。屋台がいっぱい出て楽しいですよ。

川沿い一面が屋台です。お祭り感満載です。

 

有料席があって小学生以上が1000円3歳以上が500円2歳児以下は無料です。

鳴門市うずしお観光協会にて購入できます。コンビニでは買えません。

 

有料席に入らなくても、十分花火が見えますが、有料席の方がベストスポットで花火を楽しめます。

ただ、この有料席は例年通りでしたら、ちゃんとした席が用意されているわけではないです。

有料ゾーンの芝生に座るみたいな感じです。

レジャーシートやアウトドア用の小さい折りたたみ椅子を持っていくと便利かもしれません。

場所によったら、芝生は傾斜があったりするので、僕だったらレジャーシート持って行くかなあ。

 

上で鳴門の阿波踊り適度な人混みで良いと書きましたが、鳴門の花火の方激混みです。

屋台が多く出ている撫養川沿い親水公園のあたりは、本当にかなり混みます。

 

花火は楽しいんですが、一応覚悟しておきましょう。

小さい子連れの方は、はぐれないように注意してくださいね。

また花火ということで天気が気になりますが、荒天時、強風時は中止となり、順延はないそうです。

 

最後に~観光で鳴門に来た方へ~

この日程のあたりに鳴門に来られる人は、宿も混み合う可能性があるので注意しておきましょう。

純粋に渦潮や大塚国際美術館などの鳴門観光の目的で来た人は、この時期に来たら人が多いと思うので、驚かないでください(笑)

人が多すぎて、鳴門を嫌にならないでくださいね(笑)

阿波踊りの時期は全国から人が押し寄せてくるんです。

 

鳴門の阿波踊りの最終日は8月11日です。

その翌日が徳島の阿波踊りの開幕です。

日程があえば、贅沢に鳴門も徳島も両方の阿波踊りを楽しまれたらどうでしょう?

地方の祭り感があって、鳴門の阿波踊りも良いもんですよ。

関連記事です。

大塚国際美術館の評判や感想は?本音で滞在時間やカフェなどを紹介!

鳴門の渦の道の料金や営業時間は?雨の日はどう?初日の出も見える?

新屋島水族館のイルカショーは侍がいる 閉館のうわさも営業継続中!

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す