朝食を食べないほうがデトックスになる?体にいいというのは本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
朝ごはん食べないってあり?

朝ごはん、ちゃんと毎日食べていますか?

わたしは朝が苦手で、なかなか食べる習慣がつかないんです…。

時間がない、朝は食欲がないという人いますよね。

しかし、朝食べない派に朗報が(笑)

近年、朝ごはんを食べないと体にいい効果があるという説が話題になっています。

何でもデトックス(体の毒素を出すこと)効果があるとか…

朝ごはんを食べられないことに罪悪感を感じていたけど…どういうことなのか解説していきますね。

スポンサーリンク

朝ご飯を食べないとデトックスになる??

朝ごはん食べない方がいい意見の理由は?

まずこの『朝ごはん食べない』説の柱になっているのが、1日の中で朝は排泄の時間だということ。

そして東洋医学では「吸収は排泄を阻害する」と言われているのだそう。

なので、排泄にあてるべき朝の時間にごはんを食べてしまうと、吸収が優先して排泄をさまたげてしまうというわけです。

なるほど…いままでの概念がくつがえるような話ですね…!

 

食べ物の吸収には…

食べ物の消化吸収には意外と、大きなエネルギーが必要

たとえば風邪をひいたりして体力がないときは食欲が落ちますよね。

あれは体が「エネルギーを消化吸収に使う余裕がないから、いまは食べるのをちょっと待って」と言っているらしいです。

食べ物の消化に体力が必要なんて考えたことがなかったですが、そう言われると確かに納得しちゃいます。

だから、朝は食べ物を食べないでエネルギーを排泄に使ってもらおうってことのようです。

するといつも朝ごはんを消化するために胃に集まっていた血液は体中を循環し、排泄効果が高まります。

その結果デトックスがすすみ、脂肪の分解や便秘解消などの効果が期待できるんだとか!

朝食食べないとどうなるの?

朝ごはん抜きの朝断食。その効果は?

朝断食のやり方は?

たまに「朝断食」という言葉を聞くこともありますが、これはずばり朝食を食べないことですね。

午前中は固形物の摂取を控えて水分補給で済まします。

ただの水だけだと栄養分がないので、酵素ドリンクや専用の野菜ジュースなどで朝食の置き換えをするのが一般的のよう。

こうすることで胃腸に負担をかけずに、栄養分は補給できるというわけですね!

スポンサーリンク

朝断食の効果は?

朝断食の効果は先に述べたデトックス効果のほかに、体中のメンテナンスができるらしいです。

消化に使うエネルギーを体の回復に回すことができるってこと。

このことで自己治癒力が高まって、体の不調が早く回復したり、風邪をひきづらくなる効果が。

最近では体調不良の時は無理に食べないほうが回復が早いなんていう話も聞きますよね。

風邪をひいたら肉食べて治す!という時代ではなくなってきたようです…。

 

また、これもよく言われているように現代人は食べ過ぎなのだそう。

朝ごはんを無理に食べないことで体が軽くて調子がいい、自分に合った食事量がわかったという人も多いのだとか。

そして老廃物がデトックスされると体の巡りがよくなり肌や髪にツヤが出る効果や、免疫力強化の効果も。

朝断食にこんな効果があったなんて、いいことづくめですね!

 

体に無理のないように試してみる価値あり?

朝ごはんを食べるのが常識とされていましたが、こんなに朝ごはんを食べない利点があったなんて驚きですよね。

実はわたしもジュースでのファスティング(断食)に挑戦したことがあるのですが、体がすっきりして、たしかに肌のつやがよくなったりと効果を感じました!

たまには胃腸を休ませるほうがいいのかもしれないです。

ただ、朝ごはんを食べないことによって体に負担がかかるという人もいるので、無理は禁物。

自分が調子よく過ごせる方法を探してみる価値はあるかもしれませんね。

朝食を食べた方がいいという意見はこちらの記事にまとめているのでお読みくださいね。

一人暮らしで朝ごはんを食べないとどうなる?楽ちんメニューも紹介するよ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す