人見知りも初対面のドキドキを克服する!自己開示を活用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自己開示しよう~初対面のドキドキを人見知りもやわらげる~

はじめて会う人ってドキドキしますよね。

人見知りだったらよけいにドキドキします。

 

僕も人見知りで初対面の人って苦手です。

僕は親しい人以外と話すのが疲れる人間です。

だから初対面の人と会うと、ドキドキどころかバクバク心臓がいってます。

うまく、会話できるかなぁみたいにバクバク思ってます。

 

そんな初対面の会話をスムーズにするコツが自己開示ってテクニックです。

人見知りにとって、自己開示ってテクニックって有効です。

人見知りでも、初対面の会話が少しでもスムーズにいく自己開示って方法を紹していきます。

 

スポンサーリンク

 

初対面の人見知りに有効な自己開示って何ですか~?

じゃあ、自己開示って何なんでしょうか?

一言で言うと、精神的に裸になるっていうことです。

 

人間って社会的な鎧(ヨロイ)を着ている生き物です。

かっこよく見せたいって言うヨロイ、

きれいに見せたいって言うヨロイ、

仕事ができそうって言うヨロイ

自分を守るために、様々なヨロイを身につけています。

 

ヨロイの部分は見せてもいいけど、ヨロイの下の裸の部分は見せたくないものです。

だから、ヨロイで厳重に守っているんです。

 

そこで、あえて自分からヨロイを脱いでしまうってことが自己開示です。

自己開示は、自分がヨロイを先に脱ぐことで、相手の緊張感を和らげようとすることです。

相手にヨロイを脱いでもらうためには、先に自分が脱ぐことが必要になってきます。

 

本当は話したくないプライベートな話を話したりすると、相手もこの人も同じ人間なんだと思ってくれるもんです。

相手から失敗談を話されると親近感がわきませんか?

僕はわきます。何か身近に感じられます。

その失敗談や恥ずかしい話を自分からして、ちょっとでも自分のことを身近に感じてもらおうというのが、自己開示です。

 

自己開示をするときは、相手の興味のある分野だったらより良いです。

相手が共感してくれるような内容の失敗談があれば、相手も感情移入しやすくなります。

夫婦の失敗談、子育ての何気ない失敗エピソード、その働いている業界のあるある失敗談、・・・何でも良いです。

 

僕もこの自己開示の方法を知って、少しだけ初対面が怖くなくなりました。

生粋の人見知りなんで、少しだけですが・・・。

でも少しでも初対面が怖くなくなることで、踏み込めなかった1歩(人と会う)が踏み込めるようになったように思います。

少しの1歩の積み重ねって大事だと思います。

 

スポンサーリンク

 

人見知りが初対面の会話を克服するために!自己開示するときの注意点

自己開示は人間関係を構築するときに、とても有効なテクニックだと思います。

でも、自己開示にも注意点があります。

 

それは自己開示しすぎに注意ってことです。

自分から裸になるといっても、ほどがあります。

 

めちゃくちゃ仲が良い関係だったら話して良いことも、初対面ではドン引きされる可能性があります。

例えば、相手からいきなり深刻な苦労話を話されても、「お前は何やねん・・・」ってなりませんか?

いきなり自分の過去に犯した罪を告白されても、大抵の人は困ってしまいます。

 

初対面の人に自己開示するときは、軽い失敗談や恥ずかしい体験談がおすすめです。

軽い笑いをその場に提供するっていう意識で自己開示したら良いと思います。

あくまでその場を盛り上げて、ちょっとでも親密感を持ってもらうのが自己開示です。

過剰な自己開示に注意です。

 

人見知りの初対面

あと、もう一つ、自己開示でやってしまいがちな失敗がありあます。

それは自慢話をすることです。

 

人間って調子乗りです。

思わず自慢話もドヤ顔でしたくなります。

 

でも、その自慢に相手が興味をもってくれるかどうか、わかりません

興味どころか、「うるさいなぁ、聞きたくないよ、そんな話。」って思われるかもしれません。

反感を持たれたら、せっかく自己開示した意味がないというか・・・。

 

人見知りの方は初対面では自慢話はしないかもしれませんが、人見知りは会話に慣れていません。

だから、時おり会話中に変なスイッチが押されて暴走することがあります(笑)

人見知りの方も自慢話には一応注意しておきましょう。

 

相手に反感を持たれないように自己開示するには、やっぱり失敗談や恥ずかしいエピソードがおすすめの様に思います。

 

自己開示は、

 

自己開示する。

相手の緊張がやわらぐ。

相手の緊張がやわらぐことで自分の緊張もやわらぐ。

緊張感がやわらぎ会話が弾む。

 

というふうに会話の緊張感をやわらげることが目的です。

必要以上に過剰自己開示に注意するようにしたいですね。

 

最後に

自慢話など、過剰自己開示したことがある方もいるかもしれません。

人間ってお調子者の一面がありますもんね。

 

でも、その過剰自己開示した経験は、失敗談ネタとして活かせるかもしれませんよ。

その過剰自己開示した経験もプラスに使えます。

 

過去の経験も解釈しだいで、どうにもできます。失敗談すら財産ですよ。

 

 

人見知りの記事が増えてきました。人見知り改善のまとめ記事を作ってみました。

目次代わりにお使いください。

人見知りまとめ記事~人見知り改善戦記~

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す