七五三で神社に行くだけでも大丈夫?お参りだけの服装は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
七五三ってお参りに行くだけでも大丈夫?

 秋になると、子供を持つ親どうし七五三のお参りについて会話する事もあると思うのですが、きちんと神社にご祈祷(ごきとう)を受けに行かれる方も多いように思います。

でも、七五三って神社に行くだけでご祈祷なしってダメなのでしょうか?

3歳、5歳の子供が座っておとなしくご祈祷を受けられるか心配だったり、祈祷料も数千円からかかります。

衣装の用意など金銭的にも負担がかかりますよね。

また自分の幼少時代、七五三参りをどうしたかによっても考えは様々です。

そこで、神社にご祈祷無しで参拝だけで済ますのはどうなのかな?と考えている方の参考になればと思い、本来の七五三の意味など交えてまとめてみました。

スポンサーリンク

七五三は神社にお参りに行くだけでご祈祷なしでも大丈夫?

様々な諸事情で「神社にお参りに行くだけでダメなのかな?」と悩んでいたり、「非常識なのかな?」なんて思っていたりする方へ。

結論から言いますと……。

ご祈祷を申し込まず参拝だけでも問題ありませんので、安心してください。

もちろんご祈祷を受けるにこしたことはないのですが、七五三の意味とは子供の成長を祝い、神様に感謝する事なのです。

昔の子供の死亡率は高く、無事に成長した事を神様に報告し感謝をしていました。

 なので、自分たちで神社に行き、きちんとマナーを守ってお参りを済ませれば大丈夫です。

七五三の時期になれば千歳飴もスーパーなどで手に入りますし、記念に境内で写真も何枚か撮っておけば思い出を残せます。

七五三のお参りのみの服装は?

七五三をお参りだけで済ます場合の服装は?

 ご祈祷はしない場合、子供と自分たちの服装に服装はどうしたらいいのでしょうか?

こちらもはっきりいって自由です。

ただ、自由といっても神様にご挨拶に行くのですから明らかに部屋着で行くのはやめられた方がいいかと思います。

まぁいないとは思いますが…。

 客観的に見て(ここが大事)、ちょっとよそ行きの服やきちんと感のある服装でお参りしましょう。

お金をかけたくないという方も、季節になるとフォーマルな子供用ワンピースなどもリサイクルショップなどに並びますので、こまめにチェックしていれば、低価格で手に入るかもしれませんよ。

リサイクルショップ以外にも、フリマアプリなどに七五三が済んだ方がどんどん出品しています。

掘り出し物に出会えるといいですね。

もちろん、わざわざ買わなくても、家にある襟(エリ)付きなどのキレイめの服を着せてあげてあげるのもいいかと思います。

大事なのは、お参りに行く態度を服装で表す姿勢です。

 ママパパも、もしスーツなどを持たれていないなら、この先卒園式、入学式などでも使えますので、フォーマルな服をこの機会に手に入れておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク

もちろん着物を着せるのもアリです。

大きな写真スタジオなどでは七五三の前撮りをするとお参り当日も着物を貸してくれる所もあるので、子供の晴れ姿を残せますよ(お金は万単位でかかってくることが多いですが…)。

ただスタジオで写真だけとってご祈祷もお参りもしない、というのは七五三の目的とは違うかなと思います。

子供向けの写真スタジオでは、何着も可愛いドレスや着物を着て写真を撮ってくれます。

親も子供もそれだけが目的になってしまわないようにしたいですね。

 

まとめ。七五三の本来の目的を忘れないようにすれば大丈夫。

七五三のお参りをご祈祷なしでも行くだけでも大丈夫かどうかを紹介しました。

七五三本来の目的を忘れないようにすれば、大丈夫ということでした。

 パターンとして、

  1. スタジオ撮影、神社でご祈祷
  2. スタジオ撮影、神社でお参りのみ
  3. 神社でご祈祷、またはお参りのみ
  4. 撮影、お参り、ご祈祷すべて無し

この4パターンが考えられます。

 そして、4のお参りやご祈祷の両方ともなしという方も実際います。

3歳、5歳であれば、七五三のときのことを将来覚えていないお子さんも多いかもしれません。

でも子供が大きくなった時、写真を見返すこともあるので、無理しなくていいのですが、できる限りの事はしてあげて欲しいなと思います。

 

どうしても色々な都合で神社にお参りすら行くのが難しいという方は時期をずらしたりすればいいです。

実際、10月に行かれる方も多くいます(中には12月に行かれる方もいます)。

11月15日周辺が多いのは事実ですが、特に古来からのしきたりではなく別に日は決まっていません(11月に祝うようなったのは徳川綱吉が子供を祝ったのを町民がマネしたからと言われていて江戸時代からのようです)。

また、お家でちょっとしたお祝いパーティーを開き、子供の成長を祝ってあげるのが良いでしょう。

 七五三は流行りのイベントではありませんので、可愛い衣装を着せて写真にお金をかけるのも良いですが、それで終わりにならないようにする事が大事かと思います。

ぜひ大人になっても思い出に残る七五三になるといいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す