飛行機の揺れが怖い!本当に安全?天気も関係する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
飛行機の揺れって怖い!

旅行など遠出の時に避けては通れない飛行機。

飛行機ってなんとなく怖いイメージを持っている人も多いですよね。

乗ったときに揺れたから、それ以降怖くて飛行機に乗れないというのはよく聞く話。

でも、考えてみてください。

ほとんどの場合飛行機が揺れて恐怖を感じるのは、墜落したらどうしようって思うからですよね?!

じゃあ飛行機ってなんで揺れるの?

揺れても墜落の危険はないの??

そのへんがすっきりすれば、少しは安心して飛行機に乗れるかも…ってことで解説していきます!

スポンサーリンク

飛行機が揺れると怖いです!天気って関係あるの?

飛行機の揺れの原因は?

飛行機の揺れの主な原因は気流の悪さです。

よく台風の日のニュースで飛行機が風にあおられて揺れながら着陸する映像が流れますよね。

あれと同じことが上空でも起きて飛行機は揺れます。

上空で風が強いところはどこかというと雨雲の中。

なので、どうしても地上の天気が悪い日は、雨雲の中を通過して離陸と着陸をするので揺れます。

ですが雲を通り抜けて上空に上りきってしまえば揺れは収まるのです。

このあたりで機体の安定が確認されるとシートベルト着用サインが消えるわけですね。

 

乱気流も揺れる原因だけど…

そしてもう一つ、上空で乱気流に巻き込まれると揺れる原因になります。

しかし当然ながら、パイロットはできるだけ気流が安定した航路をすすむ努力をしています。

わりと年配の方が「飛行機に乗ったらエアポケットに落ちてすごく怖かった」という話を昔は良くしていました(こんな話を伝え聞くのが怖いと思っている原因かも…)。

でも近頃あまり聞きませんよね。

これはレーダーや天気予報解析が日々進歩していて、重大な気象変化を避けることができるようになったためです。

さらに前後にいる飛行機と気流が悪い場所を共有するなど、極力揺れずに飛べるよう努力がされています。

 

乱気流に巻き込まれても…

しかし、まれに予見できない乱気流もあるので、万が一乱気流に巻き込まれてしまった場合パイロットは機体を上昇や下降させて脱出を図ります。

たまに突然シートベルト着用サインがついて急下降を始めることがありますよね。

あれはまさに、気流の悪い部分を抜けて安定している場所へ移動しているところ。

あの急下降は墜落しそうなわけじゃないのでご安心ください(笑)

むしろ安定している場所に行こうとしているためなんです。

飛行機揺れ

飛行機って揺れても安全なの?

飛行機の揺れは…

結局のところ、揺れても安全性に問題がないかどうかが知りたいところですね。

いろいろ意見を調査すると、現役の旅客機パイロットの方によると結論は安全!とのこと。

揺れの原因は気流だということをお話しましたが、この揺れは船にたとえると波で揺れているようなものだそうです。

船も海が荒れている日は揺れますが、揺れるからと言って沈没する訳ではないですよね。

スポンサーリンク

飛行機が揺れても大丈夫!

空が荒れている日は、多少の揺れは仕方が無いことともいえます。

機内の安全を守るためにも、飛行機が対応できないほどの気象変化が起きている場所は避けて飛びます(墜落うんぬんの前に、激しく揺れたら乗客や乗務員がケガしてしまいますね)。

そして非常に強い下降気流にのってしまい飛行機が大きく降下した場合も、飛行機はエンジンの力で気流を突き抜けることができます。

なので突然乱気流に巻き込まれたとしても墜落することはないのです。

 

小刻みにガタガタと揺れるのが気になる人もいると思いますが、これは飛行機に空気が当たることで発生しています。

特に翼に空気が多く当たるので翼の後ろの席は揺れます。

ファーストクラスなど高級な席が機体の前方に設定されている理由のひとつはこれです。

できるだけ揺れを感じたくない!という人は翼よりも前の席を予約しましょう。

 

以上のことから、飛行機の揺れというのは運航する上での許容範囲内ということが分かります。

逆にまったく揺れずに飛ぶことは残念ながら今の技術では実現できないようです。

こうして理由がわかって揺れるのが当然と思うと、降下や揺れも怖くないですね。

極端な話をしてしまうと、パイロットは飛行機が逆さになっても対応できるように訓練しています。

万が一逆さになっても操縦できるよう、パイロットのシートベルトは肩の上からも押さえられているんですよ。

 

飛行機は揺れるのが普通

飛行機の揺れについて説明しましたがいかがでしたか。

揺れる理由がわからないままだと、とても不安ですよね。

実際わたしも元々飛行機の揺れが苦手なほうですが、「あ、いま雲を避けるために降下してるな」と思うと怖くなくなりました。

まあジェットコースターも苦手なので、降下するときの体が浮き上がる感覚は理由が分かったところで苦手なんですけれど(笑)

天気が悪い日は特に揺れるので、風が強い日は前もって心構えしておくといいかもしれないですね。

必要以上に怖がらず、良い時間をお過ごしください。

飛行機が怖いのなら下記の記事も参考にしてくださいね。

飛行機に初めてで怖い!対処方法や原因を解説するよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す