何でやねんって言葉をもっと使おう~「なんでやねん」のすすめ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
何でやねんのすすめ

何でやねん!

この言葉をあなたも知ってますよね。

関西系のお笑い芸人がツッコミの時につかう定番フレーズです。

実はこの「何でやねん」って日常生活で使っても、とても便利な言葉です。

関西ネイティブじゃない僕もよく使います

関西人からはニセ関西弁と思われているかもしれませんが・・・。

そんな便利な「何でやねん」のすすめについて書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

「何でやねん」って言葉って

僕は地元が四国で、今も四国に住んでいます。

大学時代、大阪で過ごしました。そこで出会った言葉が「何でやねん」です。

 

四国って関西のテレビ番組が映ることが多く、テレビの中の世界では「何でやねん」って言葉をよく聞いていました。芸人さんがよくツッコミで使う言葉ですよね。

テレビでは聞いてたのですが、一般の素人からも「何でやねん」と言われたが、大阪に行って初めてでした。

普通に一般人が使うんやねぇと大阪に来たことを実感した瞬間でした。

 

僕も関西でずっと生活を送っていると、自然に「何でやねん」って使うようになってました。

あらためて考えると、この「何でやねん」ってとても便利な言葉です。

この言葉を知っていると会話がしやすくなるというか。

 

お笑い文化が根差している関西の言葉ですね。

 

何でやねんのススメ

 

「何でやねん」ってどう便利なの?

「何でやねん」が何故便利かというと、いろんな思いがこの言葉で表せるからです。

日常生活にはいろいろなことが起きます。

 

電車が遅れた

店が閉まっていた

恋人が浮気した

等々

様々な思いに使えます。怒りや悲しみ系に使うことが多いですかねぇ。

 

その時々で様々な表現使わなければ、表現力が乏しくなるという意見もあるでしょう。

でも、だからこそ「何でやねん」って便利な言葉とも言えます。

一言で色んな場面で使えるからです。一言で色んな思いに対応できるというか。

すげぇな、「何でやねん」

 

大阪の人は憤った時に瞬間的に使うのかもしれませんが、僕を含めて多くの人は大阪ネイティブではありません

ネイティブじゃない僕にとって、「何でやねん」って言葉は、場面場面で使うと何か面白味があり、怒りを鎮める効果にもなってます。

怒るんですけど、何でやねんって突っ込む時点で冷静になっているというか。

 

この記事(アンガーマネジメント)も書いたけど、怒りって長時間持続しません。何でやねんってツッコミを入れている時点で少し冷静なってます。

何でやねんとつぶやくことは怒りや悲しみなどの感情のコントロールになってます。

 

スポンサーリンク

 

あと、日常会話でこの言葉を言うとと落ち着くというか。ソフトに伝えれるというか。

「何でやねん」って言葉の意味を単にとらえると「何故こんなことになったの?」ということですが、何故って言う質問は相手を責めているように感じられます。

 

でも「何でやねん」はツッコミというお笑い文化に支えられているのでしょうか。

単に責めているだけに捉えにくいです。ツッコミというお笑い要素が入ることで、何か聞き入れる気になります。ソフトに何故と相手が考えれるというか。

 

日常生活でも「何でやねん」の思考はとても便利です。

何故こうなるんだろう?みたいに考えることが大事だからです。何故?を考えることは、物事を深くとらえなおすためには、必要な作業です。

でも何故、何故、何故と考えるのはちょっとしんどくないですか。

 

そこで「何でやん」の登場です。「何故?」と考えるところを「何でやん?」って言葉で考えてください。何か、カジュアルに何故って考えれてませんか。

人は言語で思考します。具体的な単語で考えます。

物事を考えるとき、固く「何故?」と考えることも必要ですが、考えるってことは柔軟にとらえることも必要です。「何でやねん?」で考えるとカジュアルに柔軟に捉えやすくなりませんか。

 

「何でやねん」が持つ文化的な重みのおかげですかねぇ。

文化的な重み(笑)

「何でやねん」にふさわしくない?表現ですねぇ。

「文化的な重みって何でやねん!」ってツッコミいれたところでこの記事を終えますね(笑)

 

最後に

関西ネイティブでないからこそ、使える「何でやねん」って言葉について考えてみました。

関西ネイティブの人からしたら、怒られるかもしれませんね。

やさしく、この記事に対して「何でやねん!」とツッコミを入れてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す