職場でプライベートを話したくない!聞かれたくないことのかわし方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
会社でプライベートな質問への対処方法が知りたい!言いたくない!

仕事でプライベートの話をしたくない!

そんな人もいると思います。

私も必要以上にプライベートのことを話したくない人間です。

プライベートなことを聞いてくる人には、正直、困ってしまいますよね。

そこで、職場でプライベートな話をしたくないあなたへ、対処方法を紹介してきます。

スポンサーリンク

職場でプライベートのことを話したくないあなたへ!

職場でプライベートことを話さずに仕事するには、基本姿勢があります。

話さず、とにかく、はぐらかすことが、大事な基本姿勢になります。

 

プライベートなことを話したくないのに色々聞かれてしまうのは、

実は、

あなたが話してしまっているから

とも言えます。

 

話してしまうので、この人は色々話してくれるからと、さらに聞いてきたりします。

ただ、完全に話さないのもノリが悪いと思われますし、「その話はしたくない。」なんて言うと、重い空気が流れてしまいます。

だから、思わずあなたも話してしまっているのだと思います。

 

他の話に話を切り替えるようにもっていく工夫が必要です。

ずらしつつ話をにごしていくと、相手はよけいな質問はしなくなっていきますよ。

 

ある程度は話すと決めて会社とプライベートを線引き!

全く話さないのも心を開いていないと思われるかもしれないので、自分でここまでは話すと決めておくのも大事です。

例えば、食事の内容くらいは話しても良いでしょうし、休みの日の過ごし方も簡潔で良ければ話しても気にならないと思います。

決めておかないと、思わず必要以上の話してしまい、落ち込んだりもします。

このラインを越えたら、この記事内の他の技を使ってかわし話さないと決めることが大事です。

ある程度話すことで、相手も少しは満足してくれますしね。

答えたくない質問をかわすコツやテクニック!

会社でプライベートを話さないために、だまってニッコリ

黙ってニッコリ笑うと、それは話したくないことだと察しが良い人だったら気付いてくれます。

ただ気付いてくれず、どんどん話を掘り下げていく人も結構いるので、その場合は紹介している他の方法も活用してみてくださいね。

 

職場でプライベートの詮索する人にはギャグで返す!

プライベートな話を聞かれたときに、ちょっとしたギャグで返すのは有効な方法です。

例えば、「付き合っている人いる?」と聞かれたら、「石油王とのロマンスの真っ最中。」「いま5股中。」などとギャグで話をずらすことも有効です。

「その話はしたくありません。」などというと、重い空気が流れてしまうので、あえてギャグをいうことで話をずらしていくんです。

 

質問には質問で返すのも有効です!

相手がこちらに質問してくるときは、自分のことを話したいフリのために話すことがあります。

プライベートな内容を相手が質問してきたときは、逆に質問し返しましょう。

こちらの話を必要以上に掘り下げれるのを避けれます。

例えば、「付き合っている子いる?」と聞かれたら、一応「います(いません)。」と返事して、その後即座に「〇〇さんはどうなんですか?」と聞き返してみるのも良いでしょう。

「えーと、どうでしょうねぇ(笑顔)、そちらはどうですか?」とはぐらしつつ、質問返しするのも、結構使えますよ。

 

答えたくない質問の対処方法!こちらから質問責めにしてみても

質問の応用として、こちらの話をしたくないときは、こちらが質問側にまわることも重要です。

相手が無神経な人でプライベートな話をズケズケと聞いてくるタイプなら、こちらもある程度はズケズケと質問しても良いでしょう。

いろんなことを詮索してくる人は、結構おしゃべりな人も多いものです。

ただ、質問作戦は相手が話好きだったら、なかなか会話が終わらなくて困ることがあります。

スポンサーリンク

非公開であると宣言してみる!

ある程度プライベートなことを答えても、まだまだ話を掘り下げてくる人もいます。

そんな人には「非公開で~す(笑顔)。」や「言わぬが花ですよ~(笑顔)」、「秘密で~す(笑顔)。」みたいにちょっとふざけた感じで笑顔で言うと、相手も嫌な思いはしにくく、引き下がってくれることが多いです。

他は「トップシークレット(笑顔)。」、「事務所通してくださ~い(笑顔)。」なんてのも使い勝手が良いですよ。

さらにつっこんできたら、笑顔で苦笑して席を立つなどすれば良いでしょう。

 

「ぐいぐいせめてきますね~。」と言う

ある程度、関係性ができている人からプライベートなことを聞かれたら、「デリケートなところにぐいぐい攻めてきますね~(笑)」と言いつつ、暗に相手の配慮の無さを伝える方法もあります。

相手からするとツッコミをしてもらった感じにもなって、そんなに悪く取られにくいです。

 

ある特定の趣味にはまってみるのも良いよ

いろいろ聞かれるのが嫌でしたら、この人はこの趣味、このキャラみたいな感じで、特定の趣味にはまってみても良いでしょう。

相手もこちらのことを気づかって、話しかけてくれる部分もあります。

まあ、大抵は興味本位なんですけどね。

でも、こちらのキャラや趣味など話しかけやすいネタがあれば、話もそのネタに行きがちなので、話したくないプライベートな内容に触れてくる確率は減りますよ。

 

最後に

答えたくないプライベートな質問のかわし方をお伝えしました。

適当にかわす術を活用して、職場の人間関係を友好に保ってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す