花見の食べ物を持ち寄りして喜ばれるもの!買う?簡単手作り?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
お花見の時に持ち寄りにおすすめなものは?

お花見の持ち寄りするなら、できたらみんなに喜んでもらいたいです。

美味しい食べ物があれば、お花見がより楽しくなりますもんね。

花より団子なんて言葉がありますが、お花見で外で食べると本当に美味しいものです。

そこで、お花見のときに食べ物で持ち寄りして喜ばれるものを解説していきますね。

スポンサーリンク

花見の食べ物で持ち寄りして喜ばれるものは?

花見はつまめるものが便利

花見の定番の持ち寄りとして、からあげや焼き鳥なんてものがあります。

これらがなぜ喜ばれるかというと、気軽に手でつまめるからです。

お花見の時は、気軽につまめるものが便利です。

 

取り分けしなくてはいけないものは、外で食べるときはちょっと不便だからです。

お花見でとりわけする皿って、限られていたりもします。

風がふいてお皿を飛ばしてしまったり、あっという間にお皿がなくなったり。

お箸もころがしてしまったり。

また、レジャーシート内を場所移動して、自分のお皿が遠くにあって取りに行くのが面倒くさかったり。

そんな花見には、お皿やお箸なしで、気軽に食べれるつまめるものは、重宝されますよ。

 

花見は意外と寒いので・・・

花見の季節は意外と寒いことが多いです。

動いていたら大丈夫なのかもしれませんが、じっと座っていると寒かったりします。

結構、風が吹いたりしますしね。

 

そんなちょっと寒い花見には、温かいものを持っていくと喜ばれるますよ。

特に夜はまだまだ寒いので、夜桜をする人には本当に喜ばれると思います。

ポカポカ陽気な日もありますが、夏みたいに酷暑みたいなことは、まずないです。

たとえポカポカした日だったとしても、温かいものは嫌がられることはないですよ。

 

飲まない人が結構いる花見でしたら、コーヒーや紅茶を保温のボトルに入れて持って行っても良いです。

温かいスープなんかも、保温ジャーや魔法瓶で持っていくと喜ばれます。

豚汁、ミネストローネ、コーンスープなんでも良いです。

単なるお湯を魔法瓶に入れて持って行って、スープやインスタントコーヒーのもと、紅茶のティーバックなどなどを持ち寄っても喜ばれますよ。

 

登山が趣味な人はお湯だけ持って行って、山頂でコーヒー作って飲んだりします。

それを花見でも応用した感じです。

食事中や食後に、温かいスープや飲み物を飲みたい人って一定数いるもんですよ。

 

他には、お湯と一緒にお汁粉のもとなんてのも、持って行っても喜んでくれます。

花見団子ってものがあるくらい、花見と甘いものって相性が良いみたいです。

外で花見しながら、食べるお汁粉ってのも美味しいですよ。

 

食べ物ではないけど

食べ物ではないですが、

  • ウェットティッシュ
  • キッチンペーパー

などを持っていくと喜ばれます。

 

外でご飯を食べると、どうしても手が汚れます。

また、ちょっと服にこぼしてしまったりもします。

そんな時に、ウェットティッシュがあれば、重宝しますよ。

ウェットティッシュはアウトドア系のレジャーをする時は、必須な感じです。

 

また、キッチンペーパーは何かをこぼした時のふきん代わりになります。

外でご飯食べると、誤って飲み物を転がしてしまうこともありますよね。

そんな時にキッチンペーパー大活躍です。

お花見のおすすめ持ち寄りメニューは?

お花見の持ち寄りにコンビニなどで買うものは?

もしコンビニなどで買っていくなら、下のような食べ物が喜ばれます。

お花見のメンバーの数や好みに応じて参考にしてくださいね。

  • おでん:温かくて喜ばれます。
  • おにぎり:外でご飯といえばおにぎりです。
  • サンドイッチ:これも代表的な気軽フード!
  • おいないりさん:気軽につまめておいしいおいなりさんは喜ばれるよ。
  • ポテトフライ:時間が経つとシナーッとしてしまうけど、それが好きな人もいます。
  • からあげ:キングオブ花見持ち寄りです。お弁当の定番!
  • 枝豆:飲まない人も意外と好きな人が多いです。
  • 花見団子、桜餅などの和菓子:花見に甘いものって最高です。花より団子ですね。
  • スナック菓子:花より団子ならぬ、花よりポテチも喜ばれます。
  • キッシュ:もしデパ地下で買うならおすすめ。つまめるし美味しいし、私大好き!
  • 天むす:これもデパ地下に行くのであればおすすめ。気軽につまめますしね。

スポンサーリンク

お花見で持ち寄りで簡単に手作りできるもの!

お花見の時に簡単に作っても、持ち寄りしようかなと思われている人もいると思います。

家から作っていく場合は、温かさには限界があるので、逆に少々冷めてもおいしくてつまめるものが良いですよ。

 

串やピックでさしておく

ウインナーや唐揚げやベーコンアスパラなどを箸で食べれるようなものを、あえて串でさして食べやすくしておくと喜ばれます。

単なるトマトやチーズもようじでやピックでさして持っていくと、見た目もキレイで喜ばれます。

100均でもおしゃれでかわいいピックが多くありますよ。

きゅうりの浅漬けなんかも簡単にできて、切っておくと、ようじで刺したりして気軽につまめるのでおすすめです。

外でポリポリきゅうりをかじるのも、なかなか美味しいですよ。

 

揚げ物をするならこんなものもどう?

唐揚げなど揚げ物を作ること考えているのなら、おすすめの簡単メニューがあります。

チーズやソーセージにギョーザの皮を巻いて揚げると、つまめて気軽に美味しいメニューができあがりますよ。

チーズやソーセージだけ巻いても美味しいけど、シソの葉を一緒に巻いたりすると、より風味が増して美味しくなります。

 

おにぎりも簡単に一工夫してみる?

単なるご飯をにぎるのではなく、ちょっと一工夫したら喜ばれます。

例えば、ちらし寿司を作って、おにぎりにして、つまみやすくするのも良いでしょう。

ちらし寿司が面倒だったら、炊きこみご飯のもとを使って炊いて、それをおにぎりにしたら、いつものおにぎりと違って楽しんでくれますよ。

春なので、たけのこご飯なんかをおにぎりにすると喜ばれます。

たけのこご飯も、たけのこご飯のもとが市販されているので活用してみてくださいね。

 

サンドイッチも定番

サンドイッチも手作りのものがあると、とたんに花見が楽しくなります。

切り分けておいて、つまめる感じにしておくと見た目もキレイで好評ですよ。

耳なしのサンドイッチ用の薄いパンにチーズやジャム、シーチキンなどをのせてクルクル巻いてロールサンドにしても楽しいですよ。

巻いたものを適度な大きさで切っておくと気軽につまめますしね。

 

手作りのお菓子

手作りのお菓子なんかを持って行っても良いでしょう。

料理が得意な人であれば、ホットケーキミックスがあれば結構簡単にできます。

スコーンやマフィンなど、わりあい簡単にできますよ。

 

果物最強!

果物を切ってタッパーに入れて持って行っても喜ばれますよ。

皮をむいたり、切るだけなので本当に簡単です。

そんなふうに簡単な割に、とても喜ばれます。

ただ、タッパーから果物の汁がこぼれても良いように、タッパーを袋に入れるなどしてくださいね。

 

最後に

お花見の時に持ち寄りして喜ばれるものを紹介しました。

気軽につまめるものが喜ばれて、意外と温かいスープなども喜ばれるということでした。

今回の記事を参考にして、楽しいお花見にしてくださいね。

関連記事です。

お花見と桜の豆知識や雑学を知ると面白いよ!うんちくネタ集!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す