職場や日常生活での会話のコツ 人見知りで口下手は会話が苦手です・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
口下手改善~会話力鍛える~

僕はものごごろついた時から口下手人見知りです。

口下手で人見知りは会話苦手です。

そんなベテラン口下手の僕も工夫して、会話力を鍛えてます。それで何とか社会生活を送ってます。

こんな記事(とりあえず声を出す)も書きました。口下手を改善するには、声をだして挨拶しようという内容でした。よろしければ、上の記事も参考にしてください。

今回の記事では具体的に会話で気を付けるポイントについて書いています。

人見知りで口下手の僕が会話で気を付けていることは2つです。その2つを1個づつ紹介していきます。

スポンサーリンク

 

会話のコツ!相手に関心を向ける!

まず、会話で大事なのは相手のことに関心を向けることです。

あなたは「口下手って自分はわかっているから、できる限り相手の話を聞く様にしているよ。」と思うかもしれません。

でも意外と相手の話題についてちゃんと、受け止めてないことが多いですよ。

人はすぐに相手の話題を自分の話題にすり替えます。相手の話題でなく、相手の話題をうけて、自分だったらどうだろうとすぐ考えてしまいます。

 

わかりにくいですか。ちょっと例を挙げますね。

例えば、相手がヨーロッパ旅行ついて話したとすると、相手の旅行の話題ではなく、自分の旅行のことやヨーロッパについての感想を考えてしまいます。

「自分もヨーロッパ行きたい。」「自分もロンドン行ったことある。」等々です。

 

そうではなくて、相手の話題に焦点を置きましょう。「ヨーロッパではどこに行かれたのですか。」「どこが楽しかったの?」等、相手の話題に焦点を置くと、疑問形になることが多いです。

会話では自分目線ではなく相手目線で考えるようにしましょう。

相手の話題に質問したら良いだけなので、口下手にとっては会話の糸口が見えやすいはずです。

 

口下手ってことは、相手の話題に対して、何も話せないことが多いでしょう。

でもそれは、厳しい言い方をしたら、相手に関心を示してないからとも言えます。相手に関心示していたら、何らかの質問は出てくるはずです。

 

相手に関心を示して見ましょう。そうしたら、おのずと会話できるはずです。

ただ、質問だけでは、相手を問い詰める感じになるかもしれないので、適宜その時の状況を見てということになります。あくまで、相手の話題に関心を向けるという姿勢が大事です。

 

スポンサーリンク

 

会話ネタを日常生活でストックする!

相手のことを尊重しても会話が途切れてしまう・・・ってこともあるでしょう。

相手の話題に関心を持ったからと言って、相手もペラペラ話すタイプとは限らないからです。

普段から会話ネタをストックするように心がけましょう。様々な情報や知識をストックしましょう。

 

雑談って連想ゲーム的なところあります。マジカルバナナって一時流行ったゲームみたいな感じですね。若い方は知らないだろうなぁ。すいません、おっさんで。

 

一回、雑談を冷静に観察してみてください。

そうすると、

バナナの話題→甘い→このカフェで食べたケーキも甘い→このケーキ屋さんで食べたパンケーキも甘いや→パンケーキはこの店が美味しかった→・・・・、

みたいな感じで雑談って、相手の話題をうけて、どんどん内容が変わっていく感じになります。

 

上の項目で相手に関心を向けようと言ったのに、どういうことだと思われました?

でも、これが雑談です。そして僕らは口下手で人見知りです。

こういう雑談の仕組み知っておくことが大事です。いろんなパターンを知っておくと、相手がペラペラ話すタイプでなくても、何とかその場を乗り切れます。

 

それで、ほんとどの人が上のような会話のしている中で、相手の話題について質問してみたら、その人から一目置かれると思いますよ。信頼関係が気付けたら、会話って楽ですよね。

 

会話が苦手は興味から

 

会話ネタをストックすることに戻りますね。

会話ネタをストックすることは、正直、口下手改善のためという目的だけでは辛いです。人見知りを直したいっていう欠点が理由ではちょっと辛いですよね。

失敗したときは向き合えるかもしれないけど、日常生活で自分の欠点と向き合える人間って、なかないません。

よっぽど精神力の強い人間だと思います。

 

欠点ありきではなくて、素直に様々なことに関心を持つことです。

知らない世界をのぞくみたいな感覚で、この会話ネタストックに取り組むと、日常生活がワクワクして楽しいですよ。

情報をストックするには相手の関心が大切です。

仕事仲間が以前、こんなこと言っていたみたいなことは、情報をストックするきっかけになります。そのことについて調べると、相手の関心がある話題ネタが1個できあがりです。

自分も知らないことが知れて、相手にありがとうって感じで取り組むと、継続しやすいですよ。

 

最後に

とにかく人見知りで口下手を改善するには場慣れが大事です。

「話さない」→「話すに自信が持てない」の悪循環からぬけだしましょう。最初はうまく行かないことも多いです。

とりあえず声を出すの記事も参考にしてみてください。挨拶を通じて度胸を鍛える方法について書いています。

 

「相手への関心があるから、相手に嫌な思いをさせたくないから、ネタをストックしようとするのだ。」という思考が大事です。その思いで取り組むと、自分が口下手で嫌な思いするのも減っていくと思いますよ。

 

人見知り改善のレシピ集です。

人見知りまとめ記事~人見知り改善戦記~

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す