人見知りが自信を持つ方法 自信がないを克服!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
人見知りが自信をもつ方法

人見知りって自信がない方が多いように思います。

人と会話できる自信がないので、人と会わない。

人と会わないので、より自信が持てない。

「自信がない」が加速!

ってパターンが多いようにも思います。いわゆる泥沼ってやつですね(笑)

私も人見知り歴が長いです。おのずと自信も持ててないような・・・。

でも、そのままでは社会生活を送りにくいので、ちょっとずつ改善していってます。

そんな人見知りでもやりやすい私が実践している自信を持つ方法を紹介します。

スポンサーリンク

人見知りが自信を持つために!

人見知りが自信がないを克服するためには?

人見知りが自信を持つために、大事な事は「自分は成功できる」と思いこむことです。

「いやいや、人見知りには無理だろう」って思われたかもしれません。

「自信を持てないのに、成功できるなんて思えないだろう」って。

 

でも、自信を持てない現状だからこそ、その現状を変えるために強い言葉で自分に言い聞かせるんです。

今度は「自分は成功できるって思っても、すぐにはうまくいかないだろう」って思われているかもしれません。

「すぐには直らないんだから、ずっと人見知りをしていたんだ」って。

 

もちろんうまくいかないことも多いと思います。

でも、例え失敗したとしても「たまたまだ。次は失敗するわけがない」って思うようにするんです。

「自分はすごいやつだ。この失敗は将来成功するための布石だ!」みたいに思うんです。

セルフイメージを高めるためには、とにかく色んな場面で、「自分は成功できる」って思うことです。

 

人見知りが自信を持つために失敗した部分ではなく…

例えば、プレゼンや人前で話す場面がありました。

人見知りにとっては、つらい、しんどい場面ですよね。

今の自信のないあなたなら、おそらくプレゼンでうまく話すなんて、できないでしょう。

そのうまくできなかった部分にフォーカスするのではなくて、人前で話すことができたって部分にフォーカスするんです。

できた部分にフォーカスするんです。

人見知りにとって、人前で話すこと自体が大きな成果ではないでしょうか。

そうして、できた部分にフォーカスして、このプレゼンは自分が成功する、すごいやつになる過程だ」って思うようにするんです。

 

自信を持つためには小さなことから!

自信のない人見知りにとって、このような小さい成功に目をむけることが大事です。

人見知りって自信がないからか、できない部分をウジウジ考えがちです。

そうではなくて、小さい成功体験を心にとめるように意識するんです。

私もそうなんですけど、人見知りってネガティブなことばかり考えてしまいがちです。

小さい成功を心に刻み込むように意識しないと、ネガティブな気持ちが勝ってしまいます

 

少なくとも、何らかの行動はできているはずです。

行動しないと、変われません。

小さい行動の積み重ねが、自信を持てるようになるんです。

小さいけど自分ができたことに、焦点をあわせてみてください。

 

人見知りが自信を持つ

 

人見知りは自信がないことに納得してしまっている

あと、人見知りは自分が自信がないことに納得していることが多いです。

周りの人間も、自分のことを人見知りで自信なさそうって思っているから、その人見知りキャラで良いかと思ってしまいがちです。

人間って変化が苦手です。

人見知りにとって、自信がない状態は嫌だけど、変化するのも嫌なんです。

だから、自分自身で人見知りであろうとして、自分の中の人見知りの部分ばかり見がちです。

そうして結局、変化しない。人見知りが直らないってことになります。

 

そうではなくて、人見知りで自信がもてないのは過去の自分だけど、これからどうするって考えてみるんです。

だから、自分のできたことにフォーカスをあてることが大事なんです。

スポンサーリンク

時には人見知りの部分を徹底的に考えてみる

自分のなかの人見知りと徹底的に向き合う!

小さい成功にフォーカスをあてることも大事です。

そうして自信を一つ一つ積み上げていく事も大事です。

もう一つ、有効な自信をもつ有効な方法があります。

自信が持てないことや嫌なことが起きたときに、そのことを徹底的に考えることです。

 

ほとんどの人見知りって、何となくモヤモヤと「嫌だったなぁ」「自信を持てないなぁ」とか考えがちです。

私もそうでした。モヤモヤ、モヤモヤ考えて、気が重いなぁみたいな感じでした。

モヤモヤ何となく考えるのではなく、そのことに徹底的に向き合うんです。

 

人見知りで自信がないことに向き合うのはこのタイミング!

これはなかなかモチベーションを高めないと、しんどい作業なので、嫌なことがおきた直後が良いのかなぁと思います。

「嫌と向き合わなければいけないんだ!」と強く思っているときですね。

嫌に思っている感情はパワーにもなります。

普段、何気なく自信を持てないと感じていることを、「自信が持てない経験をした時くらい、ちゃんと考えてみよう」って、徹底的に考えてみるんです。

 

向き合うときはこうする!

その際、考える方法として、書き出して考えた方が良いと思います。

頭の中で考えるだけでは、グルグル思考が同じところを回りがちです。

ノートなどに書き出して考えると、思考が整理しやすくなります。

自信を持てない行動や思いなど、頭で思ったことをドンドン書き出していくんです。

 

そして、

そのドンドン書き出したことに対して、なぜ?本当なの?って問いかけます。

  • なぜ、こんなことになったの?
  • なぜ、こんなふうに考えるの?
  • 本当に、この考えはただしいの?

・・・などなど。

こんなふうに徹底的に考えると、モヤモヤしていたことの解決策が自然と見えてきたりします。

 

こうして向き合った結果どうする?

そんな解決策は、今の自分にできることにフォーカスした方が良いと思います。

できないことをやろうとしても、当然できません。

小さいできることを積み上げていくことが大事です。

この小さいことの積み上げが、未来のすごいやつになる過程なんです(笑)

小さいできることから、積み上げていく事が自信を持つ大事な方法です。

 

また、自分ではどうしようもないことは(他人や環境のことなど)、今は仕方がないとあきらめます(もしくはすぐに解決しないと長期的に考えます)。

自分だけではどうしようもない問題を考えても仕方がないです。

それは悩んでエネルギーを消費しているだけで、前に進んでいきません。

頭の中で考えるだけでは、この自分ではどうしようもないこともモンモンと考えがちなので、ここでもノートなどに書き出しながら考えましょう。

ノートに書き出していくと、自分の中でどうしようもないことだと視覚化して、自然に仕分けもできます。

 

人見知りが自信を持つことは、過去の自分と向き合うことだったりします。

ノートに書き出してみて、過去の自分がそうだったから自信がないって理由がでてくるかもしれません。

そんな理由がでてきたら、「それって本当」って、自分に聞いてみてください。

過去に縛られすぎている可能性もありますよ。

 

最後に

人見知りが自信を持つ方法を解説しました。

自信を持つためには、「不幸すらラッキーと思え!」みたいな言葉も見たことがあります。

人見知りが、なかなかそこまで思うのは難しいように思います。

ラッキーと思えと言われても・・・。

とりあえず小さいできたことに、フォーカスしていくことではないでしょうか。

その積み重ねで、自信もついてくるように思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す