彼氏が帰省して寂しい!そのまぎらわし方と連絡をどうするかを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
彼氏帰省寂しい

年末年始やお盆ぐらいは実家に帰らないと、と思っている人もいますよね。

いつも心配かけているぶん親孝行したいものです。

ところで、自分は特に予定がないけど彼氏が帰省しちゃう!という人もいますよね。

年に何回かは家族でゆっくりしてもらいたいと思う一方、会えないのはやっぱり寂しい!!

せっかくの休みなのに会えないなんて…。

  • この寂しさとどう付き合えばいいのでしょう??
  • 彼に迷惑はかけたくないけど、帰省中は連絡してもいいの?
  • また、頻度はどのぐらい連絡していいの??

彼氏に会えないのはやっぱり寂しいですよね。

悩める女子のために、寂しさのまぎらわし方など対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク

彼氏が帰省して寂しい!寂しさのまぎらわし方は?

彼氏と会えない寂しさをまぎらわすには?

この時期に彼と長い間会えないのはつらいのが本音ですよね。

休みに入って暇な時間が増えると、よけい彼のことを考えて寂しくなっちゃいます。

実は、暇になると寂しさを感じやすくなるという人が多数います。

 

その対策はずばり、自分が忙しくなること。

家でぼんやりしながらずーっと寂しい気持ちでいるより、外にいるほうが寂しさは紛れますよね。

いつもよりバイトを増やして稼ぐもいいですし、なかなかふだん会えない友達と予定を埋めるのもいいですね。

 

彼氏が帰省することで寂しくなるあなたは…

彼氏の帰省で会えないことで寂しくなっちゃうあなたは、いままで彼氏との予定を優先してきたことも多いかもしれませんね。

この機会を、「せっかくの彼がいない期間」ととらえて段おろそかにしてきたことに時間を使うのがおすすめです。

友達と会ってても寂しくなってきたら、友達に話を聞いてもらえばいいんです。

最初は気が乗らなくても充実した時間を過ごすうちに、寂しさから開放されていきますよ!

 

彼氏が帰省中にどれくらい連絡していいの?

彼氏帰省中の連絡は?

いくら予定をつめて忙しくしたとしても、やっぱり完全に忘れるというのは無理ですね。

ふとしたときに連絡したくなっちゃいます。

だけど、連絡しすぎて迷惑になるのは避けたいところ。

返事がないとさらに連絡したくなって、重いと思われちゃうかも・・・。

彼の帰省中はどのぐらいの頻度で連絡していいのでしょう?

スポンサーリンク

メールやLINEなら…

これは個人差があるところですが、メールやLINEならふだんと変わらず連絡してもいいのではないでしょうか。

手があいたときに返事しやすいし、彼の負担も少ないですね。

彼女から「おはよう」とか「おやすみ」などのLINEがくると嬉しいという男子の声も多いよう。

 

でも彼にも家族や友達との予定があると思うので、既読スルーやすぐの返信がないことを責めるのは控えたほうがいいです。

「寂しい」アピールもなるべくやめましょう。

気持ちは分かりますが、家の事情が絡む帰省は彼にもどうしようもできない部分もあるはず。

ここはひとつあなたが大人になって、気長に待ってみてください。

 

帰省中の彼氏への電話は…

同じ理由で、たくさん電話をするのも考え物。

実家で堂々と彼女との電話をしづらい人もいますよね。

前もって彼に電話してもいいか確認しておいて、ちょっと微妙そうだったら察してあげましょう。(笑)

連絡の方法や頻度は、彼の性格や実家などの環境によってまちまちだと思います。

彼が帰省する前に家の雰囲気や行動予定をどんな感じなのか聞いておくと、こちらも安心しやすいですね。

 

彼のことばかりじゃなく充実した時間を

あまり彼に依存するのも、彼を疲れさせる原因になります。

連絡しすぎたりして、自分のせいで彼を困らせるのは嫌ですよね。

それよりも好きなことをしたり、友達とたくさんしゃべったりして充実した時間をすごしたほうが気持ちもいいもの。

この時期たしかに、同じ理由で寂しい思いをしている女子はたくさんいます。

あえてそういうメンバーで集まって遊ぶのも楽しいかもしれませんね。

ほかには美容院やネイルなどをする美容デーを作ったり、気になっていた小説や映画のDVDなどを手にとってみたり。

年末年始だったら、正月太り対策でジム通いもいいですね。

年末年始やお盆も営業しているお店や施設も多いので、女子力に磨きをかけちゃいましょう。

次に彼に会うのが楽しみになります。

せっかくの休暇なので、ふさいでいたらもったいないです。

良いお休みを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す