神社にお参りにいくとき雨の日って大丈夫?神様の歓迎のサインとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
雨の日に神社に行ってもイイの?

御朱印ブームもあってか、神社にお参りする人が増えていますね。

お参りする時って

  • お正月や願い事があるとき
  • 試験前や病気になったとき
  • 本人だけではなく周囲の人に病気が見つかった時

など、周りの人の願いの際にも神社にお参りする方も多いですよね。

その際、雨が降っていたら神社にお参りに行ってもいいものでしょうか?…なんて考えたりしますよね。

そこで、雨の日の神社にお参りしても大丈夫かどうかまとめてみました。

その他神様が歓迎してくれるサインなども含めて書いてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

神社にお参りする日が雨の日の場合って?

神社にお参りする日が、偶然雨の日だったということはあります。

「雨の日のお参りはあんまり良くないのでは…」と思う方もいると思いますが、雨の日のお参りは賛否両論で色々な考え方があります。

まず、よくないという考え方から説明します。

 

雨の日のお参りはよくないという説

雨の日のお参りは「陰」という考え方からよくないという考え方があるのだそうです。

陰というのは漢字のようにかげる、光が遮ると言われ、雨の日に行くと願いに対するパワーが弱いという考えです。

また、神社は神聖な場所ですので、土砂降りの中に行くと神様に失礼にあたるという考え方もあるそうです。

雨が降りそうな時は瘴気といって悪い空気が出やすいと言われており、霊感が強い人には良くないともいわれています。

 

雨の日のお参りはよいという説もある

雨降って地固まるという考え方。

雨が悪いものを流してくれるという考え方もあるそうです。

お祓い(おはらい)や、浄化の効果という意味合いでもあえて雨の日にゆっくりお参りするという人もいるのだそうです。

雨の日ですと静かな気持ちでお参りできるという点でもよいですね。

 

じゃあどっちがいいの?

では、果たしてどちらがよいのでしょう。

結論をお伝えすると、本人の感覚なのだそうです。

感覚?というと疑問があるでしょうが、雨でも晴れでも本人がお参りしようという時が「ご縁」なのだそうです。

以前テレビで見たことがありますが、全国的にも有名な伊勢神宮。

ツアーによっては雨は縁起が悪いからと順延することあるのだそうです。

 

しかし、その日に行かないことも「ご縁」。

それでも行こうとする意思も「ご縁」なのだそうです。

なので、その日に神社に行けなくても「その時はご縁がなかった」という考え方をするとよいのだそうです。

今は参拝しない方がいいと神様がおっしゃってくれているのでしょう。

もちろん逆に、雨でも神社に行った場合は「ご縁があった」ということですね。

なんだか素敵なお話しですね。

神社の神様の歓迎のサインとは?

神社で神様が歓迎してくれるサインとは

次に神様が歓迎してくれるサインについてまとめていきますね。

風が吹く

風が吹くのは神様が歓迎してくれいるそうです。

これは神様の歓迎のサインで一番多いと呼ばれている現象です。

私も体験したことがありますが、伊勢神宮などでは鳥居の先は、神様を迎えるために白い布のようなものがあり先が見えません。

そこに風が吹いたことがあります。

人によって感覚が違うようですが、ふぁっと吹いたりさーと吹いたり。

目を閉じると感覚が変わると感じる方もいるようです。

スポンサーリンク

天候が変わる

それまで晴れていたのに急に

  • 雨が降る
  • 雪が降る
  • 反対に晴れる

など普段体験しないような天気の変化に遭遇する人もいるそうです。

これも神様からの歓迎のサインとも言われています。

 

動物に遭遇する

動物に遭遇するとは動物が神様の化身として現れる歓迎のサインなのだそうです。

それが爬虫類だったり、鳥だったり猫だったり…。

私は伊勢神宮で鹿の親子を見つけましたが、とてもほっこりした気分になりました。

人によってどのように感じるかは様々なようですが、皆が多く体験する神様が歓迎してくれるサインなのだそうです。

 

最後に

私も今回まとめてみて雨の日にお参りすることの賛否両論には納得しました。

そもそも、神社になぜお参りするのかを調べてみると…

神社にいるのは“神様”ですが、“神様”が集まるように神社を立てたのではなく“神様”がいるところに神社を建てたのだそうです。

神様は、大自然という説があるのですが、その中でも特に“氣”が集まる場所なのだそうです。

その“氣”の集まる場所に結界を張り、そのエネルギーを神主さんたちが清め常に高めているところが神社なのだそう。

だからこそ、神社が神聖な場所に感じられて、今回のような神様のサインの話もでてくるのでしょうね。

神社は絶対行かないければいけないものではありません。

行くときこそご縁なのでしょう。

行くのもご縁、

行かないのもご縁。

深いですが、答えは自分の中にもあるのでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す