ディズニーにひとりで女性で行ってもいい?アトラクションの楽しみ方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ディズニーに女性一人で行っても大丈夫

いつでも大人気の東京ディズニーリゾート!

毎週行っても飽きないという人もいるぐらい、魅力的なスポットですよね。

だけど近年は入場料も値上がりがあったりと、なにかと一緒に行く人を誘いづらい状況もあります。

いっそのこと一人で行ってみたいけど、

  • 女性が一人で行くのっておかしいの・・・??
  • 一人でも行きやすいようにコツが知りたい!
  • 一人ならではのコツがあったら知りたい!!

というわけで、女性ひとりディズニーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ディズニーにひとりで女性が遊びに行くのっておかしい・・・?

女一人ディズニーって大丈夫?

最近なんでも「おひとり様」が流行っていますよね。

ひとりカフェはもちろん、ひとり焼肉、ひとり旅行までもはや普通になってきました。

とはいえ、ディズニーはカップルや家族連れ、友達同士の人がいっぱいいるし…。

一人で行くのは気が引けるんだけど、やっぱり変かな??

 

結論から言って、ひとりディズニーなんの問題もありません!!

これは断言できます!!

現に、ひとりでディズニーリゾートに行っている人はかなりいるのです。

  • 一人のほうが好きにアトラクションを回れるからという人
  • ショーの場所取りをするのに一人のほうが気楽だという人
  • 年間パスポートを持っていてしょっちゅう来るので一人で散歩しに行くという人まで・・・。

まわりを見渡すと、意外とひとりディズニーしている人も多いのです。

キャスト(ディズニーの係員)の人も慣れっこなので、変な目で見られることもありません。(むしろキャストさんはディズニーの大ファンの人ばかりなので、ひとりディズニー経験ありの人も多かったり!)

 

一人ディズニーで手持ち無沙汰になるのが…

というわけで堂々とひとりディズニーを楽しんでもらえたらいいと思うのですが、手持ち無沙汰(てもちぶさた)になりがちなのが、

  • アトラクションの待ち時間
  • 食事の時間

これを一緒にしちゃって、食べ物をテイクアウトして並んでいるうちに食べるという技があります!

ひとりでレストランに入る必要もなく待ち時間が有効に使えて一石二鳥ですね。

 

モバイルバッテリーも持っていこう!

ひとりの待ち時間はなにかとスマホをさわることが多いかと思います。

ディズニー内で役立つアプリもありますし。

電池対策にモバイルバッテリーを持っていくのがおすすめ。

せっかく行ったからには写真も撮りたいし、充電がなくなっていくのは心細いですからね。

 

食事の時にゆっくりしたい場合は?

また、やっぱりパーク内のレストランにひとりで入りづらいけど、食事のときはゆっくりしたい…という場合。

出入り口で手にスタンプを押してもらえば、一度パークの外に出て同日中は再入場ができます(チケットが必要なので失くさないで!)。

食事のときやひとりディズニーにちょっと疲れたとき…、いったん外に出てイクスピアリ(舞浜駅にあるショッピングモール)などで休憩するのも手ですよ。

ディズニー一人でのアトラクションの楽しみ方は

ひとりディズニーのときのアトラクションの楽しみかた!

一人ディズニーならこれを使わないと!

ひとりディズニーの醍醐味、それは「シングルライダー」!

人気アトラクションに並ぶ際、ひとりで並ぶことをキャストに伝えると半端にひとり分あまった席に優先的に通してもらえる素敵なしくみです。

みんなが並んでいる中、自分だけ先に乗れるのは気分がいいですよね。

だけど当然ながら周りの人はグループなので、その中に入るのが気まずい人はジェットコースター系は避けたほうがいいかもしれません。

シングルライダー実施アトラクションは、ディズニーランドでは

  • スプラッシュ・マウンテン

ディズニーシーでは

  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
  • レイジングスピリッツ

です。

挑戦してみたい人は係りの人に声をかけてみてくださいね。(最新のシングルライダーの情報は念のため公式サイトを確認してみてくださいね)

スポンサーリンク

待ち時間がネックだけど…

やっぱりひとりディズニーでネックになるのが待ち時間。

ファストパスをとるなどして極力待ち時間を減らすとスムーズです。

並んでいる途中やショーの場所取り中にどうしてもトイレなどで席を外さないといけないこともあるかもしれません。

その場合もキャストに相談すると、一旦抜けさせてくれることもあるそうです。

ディズニーリゾートはホスピタリティがすばらしいので、困ったらまずキャストに相談するのも手ですよ!

 

女子でもひとりディズニーできる!

というわけで、今回は女性ひとりディズニーについてまとめました。

実際に行ってみるとひとりでディズニーリゾートを楽しんでいる人はたくさんいるので、気にしなくて大丈夫です。(しかも個人的には、一人ディズニーを楽しんでいるのは女子のほうが多い気がします!)

最近はディズニー定番のポップコーンもサイズが2種類あるのでひとりで楽しみやすくなりましたよね。

ディズニー側もおひとり様の受け入れ体勢万全なので、ぜひ挑戦してみてくださいね!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す