旅行の楽しみ方が分からない!国内と海外の楽しみ方を提案します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
旅行の楽しみ方が分からない!

旅行はお好きですか??

知らないところを旅したり、お気に入りの土地で過ごすのは楽しいですよね。

でも、なかには旅行が苦手…という人もいるのではないでしょうか。

お金がかかるし、わざわざ遠出するのもめんどくさいし…。

でもたまには彼女から旅行に誘われちゃって、付き合わないといけないこともあるかもしれませんね。

そこで、今回は旅行が苦手な方でも楽しめるように、旅行の楽しみ方を考えてみました。

スポンサーリンク

旅行の楽しみ方が分からない!国内旅行の楽しみ方は?

旅行はバタバタと忙しい…そんな人へ!

旅行はバタバタと観光が忙しいから苦手!!という人、多いのでは?

たしかにパッケージツアーに申し込んじゃうと朝早くから集合して、みんなでバスで観光して…って、疲れちゃいますよね。

そういう人は、「旅行中は何もしない」をテーマにすごすのがおすすめ!

 

何もしないんじゃ旅行の意味がないんじゃないか?と考えがちですが、ふだんと違う環境でリラックスするのも旅行の一つの目的です。

現地に着いたらホテルにこもって、食事はすぐ近くのごはんやさんで済ます。

なんならコンビニでもかまいません。

いつもと同じようなコンビニでも、地域によってメニューが違ったり味が違ったり。ちょっとしたご当地を感じながらのんびりするのもいいものです。

テレビも普段と違うその地方のローカル番組をやっていたりするのも面白いです。

2日日程があるなら、1日だけでもこんな感じで過ごすと、意外と旅行って悪くないかもって思うかもしれませんよ。

 

現地までの旅行が面倒くさい人へ!

さらに現地までの移動すらめんどうな時は、まったく観光地じゃないような近場のホテルに泊まってみるのもおすすめ。

それこそ家でよくない?!と言われそうですが…だまされたと思って一度試してみてください!

けっこう面白いんです!

高級ホテルのお部屋やプールで休むもよし、近いけどちょっとなじみがない場所のビジネスホテルに泊まってみるも良し。

そこに暮らしているような気持ちで滞在してみてください。

調べてみるとずっと行ってみたかったけどわざわざ行くのは…と思っていたスポットが近くにあったりして、ふだんと景色が違って見えますよ。

自分の家とは違う非日常の空間を味わってみると、旅行の楽しさに目覚めるかもしれませんよ。

旅行の楽しさは、非日常を楽しむことでもあるんですよ。

スポンサーリンク

ただ、この旅行スタイルは…

ただ、この旅行スタイル、一人だとけっこう楽しめるのですが、誰かと行くときはちょっと気を使いますよね。(笑)

彼女さんや奥さんと一緒の場合は、高級ホテルディナーやスパとか、有名店でお食事とかのメインイベントを用意してあげるのがおすすめ。

非日常感を味わってもらいましょう。

無駄な観光にお金を使わないので、食事等に費用をかけられるのもいいところです。

 国内海外旅行の楽しみ方を教えます

旅行の楽しみ方が分からない!海外旅行の楽しみ方は?

どうして旅行が苦手なのか考えてみるのも…

お次は海外旅行編。

海外旅行というと、ビーチリゾートの印象ですか?

それとも古い町並みを散策?

広大な自然に触れる??

海外旅行と一口に言ってもさまざまな場所がありますよね。

まずはどうして旅行が苦手なのか考えて、苦手な要素を取り除いていくといいと思います。

たとえば観光が忙しいのが苦手ならビーチでのんびり過ごす旅。

逆に日焼けや海で泳ぐのが苦手なら街中で現地の暮らしを垣間見る旅。

それとも街の喧騒が苦手なら、日本じゃ見たこともない雄大な自然に触れる旅。

海外旅行とひとくくりにしてしまいますが、いろんなスタイルや楽しみ方があります。

 

もし過去に一箇所だけ旅行に行って、「海外旅行ってあんまり面白くなかったな…」と思っているようならもったいない!

世界は広いので(笑)あなたに合う土地が必ずあるはずですよ。

 

そもそも旅行はお金がかかるのでは???

そもそも旅行はお金がかかるから嫌だ、と思っている人は一度、東南アジア方面への旅行をおすすめします。

やっぱり日本よりは物価が安く、旅費も国内旅行より抑えられることも多いです。

あまりきれいじゃない印象を持っている人も多いかもしれませんが、空港やホテルなど観光客が訪れるところはきれいに整備されている国が増えています。

世界中で有名な高級チェーンのホテルも、日本じゃありえない価格で泊まることができますよ!

 

自分のスタイルで楽しい旅を

旅行の楽しみ方が分からないって人へ国内旅行と海外旅行にわけて、こんな楽しみ方があるってkとを紹介しました。

せっかくの旅行だからあれしなきゃ、これしなきゃ、ここに泊まらなきゃ、と考えてしまいますが、旅行スタイルは人それぞれ。

たとえば2日間あるとして、家の近くの高級ホテルでのんびり泊まる人もいれば、夜行バスで遠出して1日たっぷり観光し、日帰りする人もいます。

お金や時間がなかったら旅行に行っちゃいけないわけでもないですよね。

LCCなど安く行ける交通手段がありますし、近場にブラッと日帰り旅行してもいいです。

固定観念を取り除いて「こんな旅程でいいのかな?」と思うことも実現してみると、案外しっくりきたりします。

まずは気が向いたとき気軽に旅に出てみてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す