ブラフマンのライブの服装や持ち物は?何度も参加している私が解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブラフマンのライブの服装は?

ブラフマンのライブに行くときに、服装って気になりますよね。

できたら周りの人から浮いていないその場に適した服装で行きたいもんです。

そこでブラフマンのライブの服装や髪形、持ち物などを解説していきます。

服装をばっちり準備して、ブラフマンのライブを楽しみましょう!

スポンサーリンク

ブラフマンのライブの服装は?

ブラフマンのライブはオールスタンディング!

ブラフマンのライブに行くのであれば、オールスタンディングのライブに行く服装で行った方がいいです。

ブラフマンのライブはライブハウスでやることが多く、座席がないオールスタンディングの場合がほとんどだからです。

ごくまれに席があるホールがある会場でやることもあるかもしれませんが(あまり聞いたことがないですが)、ブラフマンファンは普段着なれたオールスタンディングのライブに行く服装で参加する人が多いです。

 

ブラフマンのライブの服装で具体的にいうと…

オールスタンディングのライブなので、動きやすい服装であることをおすすめします。

具体的にはジーパンや短パンとTシャツの人が多いですよ。

寒い季節の場合、ロングTシャツ+半Tの重ね着+パーカーなどの服装で大丈夫です(ただ前の方で見るなら、この服装で行くと冬でも暑すぎるかもしれません)。

Tシャツの種類はブラフマンのバンドTシャツを着ている人がもちろん多くいて、他にもパンク系のハイスタやロックフェス系のTシャツを着ている人も多くいます。

家にバンドTシャツがなければ、ロックっぽいTシャツを着ていけばいいですし、会場に着いてから物販でTシャツを買ってトイレなどで着替えるのもいいかと思います(同じことを考える人も多いのでトイレが多少混み合うのは覚悟してくださいね)。

 

ブラフマンのライブにスカートは…

また、女性はスカートはやめておいた方がいいです。

ブラフマンのライブは観客もかなりノるので、もみくちゃになります。

そんななか、さわってくる男もいるかもしれませんし、ロングスカートだと踏まれて転倒してしまうかもしれません。

ブラフマンのライブで来られる女性は短パンだけや短パン+レギンスなどで来られている人が多いですよ。

 

靴はどうする?

ブラフマンのライブの足元はスニーカーがいいです。

サンダルやハイヒールなどは危険なのでやめておきましょう。

転倒の恐れもありますし、サンダルでは踏まれるととても痛いですし、逆にハイヒールでは踏むと相手がかなり痛がります。

 

後ろの方で見る場合も、ブラフマンのライブでは激しくノッている観客も多いので、悪気がなくてもあたってしまって転倒してしまうかもしれません。

またブラフマンのライブでは、ライブ中にボーカルのTOSHI-LOW(トシロウ)が観客の上に降ってくるので(笑)、そのときはカオス状態が上がって、さらに押し合いへしあいになります。

後ろの方で見ていても人の波が流れてくる可能性があるので(小さいライブハウスでは特に!)、スニーカーで見られた方がいいかと思います。

実際、私は彼女とブラフマンのライブに行って後ろの方に見ていたのですが、小さいライブハウスだったためか、ボーカルのTOSHI-LOW(トシロウ)が人の上を流れて私たちの近くまで来て、後ろもカオス状態になったことがありましたよ(笑)

ブラフマンのライブの恰好は?

ブラフマンのライブの髪型やその他の服装は?

ブラフマンのライブの髪型や帽子は?

上記したようにブラフマンのライブは観客も激しいので、女性は髪をまとめておいた方がいいかと思います。

まとめるとき上に盛りすぎると、後ろから見るとジャマになるので、上に盛りすぎないようにしてくださいね。

ライブには色んな性格の人が来るので、少しでもジャマと思われると、よけいなトラブルにも巻き込まれかねません。

周りの人にジャマにならない感じで髪をまとめるようにしてくださいね。

帽子も飛ばされて他の観客に踏まれる可能性があるので、帽子もできたらやめた方がいいかと思います。

 

メガネはどう?

メガネも前の方で見るなら、飛ばされる可能性があります。

飛ばされなくても、押し合いへし合い状態なので曇ります(笑)

なので、前の方で見るなら、できたら使い捨てのコンタクトをして見られることをおすすめします。

(スポーツ用の眼鏡が落ちないバンドみたいなのを付けてもいいかもしれませんが、ちょっとかっこ悪いかもしれません。)

もしメガネで行かれるときは、後ろの方で見られた方がいいかと思います。

 

私もメガネでブラフマンのライブに行ったことがあるのですが、メガネが飛ばされしまって「メガネ?メガネ?」状態になったことがあります。

その時のライブでは運よく?ボーカルのTOSHI-LOW(トシロウ)が私の頭上のあたりに降ってきてくれたので、かなり間近でTOSHI-LOW(トシロウ)を見れたのですが、メガネをしてなかったためかボンヤリとしか見えず、くやしい思いをしました(笑)

メガネは友人が見つけてくれていたので良かったのですが、そのときに「ブラフマンのような激しいライブに行くときはコントタクトがいい!」とわかって、コンタクトレンズの購入を決めたことがあります。

 

ブラフマンのライブでアクセサリーや爪は?

アクセサリー類も同様に着けない方がいいです。

ブラフマンのライブは本当に激しいので、ひっかけたり、刺さったりして余計なトラブルのもとです。

また、落としてしまうと無くなってしまうかもしれません。

同様に爪も短くしていた方がいいです。

当たってひっかいてしまうと、よけいなトラブルになりかねません。

こうして見てみると、ブラフマンのライブってスポーツみたいですね(笑)

スポンサーリンク

ブラフマンのライブの持ち物であるといいものは?

ブラフマンのライブの持ち物やかばんは?

ブラフマンのライブは激しいので、基本的には持ち物は多くない方がいいです。

ウエストポーチや小さめのショルダーバックにチケットに財布やスマホ、身分証明書など最低限必要な物などを入れていきましょう。

バックなどにまったく持ち込まず、財布とスマホなどをズボンのポケットに入れて、手ぶらで参加してる人も多くいますよ。

手ぶらで参加する場合はポケットから落ちないように、ポケットにジッパーがついていたり、マジックテープでポケットをフタできるズボンで行かれることをおすすめします。

ブラフマンのライブは激しいので、どんな拍子に物を落としてしまうかわかりませんしね。

また財布の中も必要最低限のものにして、落とした時の被害を最小限にくいとめるようにしてくださいね(ライブ時にスリをする人もいるそうなので)。

 

ブラフマンのライブにリュックはどう?

大きなリュックなどは自分が見るのも周りにもジャマになるので、やめておきましょう(特にソールドアウトしている場合は後ろまで混み合うことが多く本当にジャマになります)。

ライブハウスにロッカーがある場合もありますが、空きがなく預けれない場合もあります。

周辺のロッカーも同様の状態になることが考えられます。

もしロッカーなどに預けられずにリュックでブラフマンのライブに行ってしまった場合は、後ろに背負わず足の下にリュックをはさんで後ろの方で見られた方がいいかと思います。

 

ライブでその他用意しておいた方がいい持ち物は?

ライブハウスではワンドリンク制をとっていることが多いので、財布とは別にドリンク代の500円を事前に用意しておくとスムーズですよ。

また、ブラフマンのライブは始まると、熱量で会場の温度が一気にあがるので、タオルを持っていかれた方がいいかと思います。

ブラフマンなどのバンドタオルやフェスタオルがおすすめですが、この場合も落としてしまう可能性もあります(落としてしまうとほぼ踏まれますし、無くなってしまう場合も)。

大事なタオルで無くしたくない場合は、無くしてもいいタオルを持っていかれたらいいかと思います。

 

まとめ

ブラフマンのライブのときの服装について解説しました。

ブラフマンのライブは激しいので、基本的には動きやすい服装で持ち物もあまり多くない方がいいかと思います。

ライブに参加すると、バンドからも観客からも熱量も感じられて感動すると思います。

今回の記事がブラフマンのライブに行く助けになれば幸いです。

ブラフマンのライブ楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す