男の子って話を聞かない伝わらない・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
男の子って話を聞かない伝わらない・・・。

うちの子は男の子です。

日々楽しくワーキャーすごしております。

時にはしつけのために、注意やしかることもあります。

でも、子供って聞いてるのかな?って思うこと何度もありませんか?

ちゃんと「うん。」って言ってたのに・・・?

 

うちもよくあります。

「あれっ、さっき言ったのに・・・。」みたいなことが、よくあります。「何回言わすのだ。ブツブツブツ・・・。」

子供のためを思って、言ったのに伝わってないって何かになりますよね。

そもそも、言ったのに伝わらないって何でなんでしょうねぇ?

 

スポンサーリンク

 

男の子って話を聞かない!

答えは簡単です。

そもそも、男の子って話を聞いていないです。

残念なんですが、それが事実だと思います。

 

男の子の親を持つ友人達や、知り合いの保育園の先生にも聞いたりしました。

そうしたら、この「男の子って話を聞いてないよね。」って結論に達しました。

 

何回も言ったあの努力は・・・って感じですよね。

でも、仕方がないんです。

男の子って話を聞いていないってところからスタートしないと仕方がないんです。

だって相手は子供だもの。大人があわせないと仕方がないです・・・。

 

男の子って即行動の生き物です。瞬間瞬間を楽しむ生き物です。

興味のあることだったら、集中します。

何かに集中しているときに、言ってもおそらく聞いていないです。

 

大人は段取りとかを考えて、わが子に伝えるんですが、聞いていないです。

親と男の子の時間感覚はどうやら違うみたいです。

男の子って一点集中って感じですね。

 

男の子だって、怒られていたことや注意を受けたことも、わかっていると思います。

でも時間の感覚が違うのです。

新しい楽しいことが見つかれば、そのことに集中してしまうんですね。

 

おそらくですが、親の言うことより、楽しいことの方が優先順位が高いんでしょうね。

楽しいことの方が優先順位が高いってことをわかってなかったら、親はちょっとしんどいですよね。

でも、それが事実です。

男の子って楽しいことが一番ってところから、はじめた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

じゃあ男の子にどう伝えるの?

では、どのように男の子に伝えたら良いのでしょうか?

やっぱり上に書いてきたように、男の子って時間感覚が親と違っていて、楽しいことが一番なんだと親が理解することだと思います。

 

うわの空の返事をわが子がしたとしたら、それは自分がやっていることが邪魔されてしまうと思ったので、とりあえず返事しとこうって感じで返事したかもしれませんよ。

また、小言を言われるのが嫌で、わかったとその場は返事しているのかもしれません。

親が口うるさくて、怖いから、とりあえず返事しておこうと思ったのかもしれません。

 

やっぱり、時間感覚が大人と違いますねぇ。

その場を乗り切っても、後でもっとしかられるかもしれないのに(笑)

そういうわが子の気持ちの動きを察して、子供と接していくことだと思います。

男の子って話が伝わらない

あと、大事なのは、男の子がわかる言葉で話してあげることだと思います。

まあ、わかりやすい言葉で話しても、聞いていないときは聞いてないんだろうけど(笑)

男の子ってこういう生き物だってわかって、接していくしかないのでしょうね。

 

聞いたことの意味を説明してもらうってのも良いかもしれませんが、面倒くさいって思われるかな。

瞬間瞬間を生きるのが男の子だから(笑)

 

上記のような少しでも聞いてもらいやすい工夫しながらも、聞いていないんだってことを認識された方が良いと思います(笑)

 

最後に

親と子供って時間感覚が違うんですねぇ。

おもしろいなぁ。

せつな、せつなで生きていると言うか。

一所懸命、瞬間瞬間を頑張って生きているんだな、わが子よ。

がんばれよ、かわいいわが子。

 

 

子育てのまとめ記事です。

育児まとめ記事~子育て奮闘記~

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す