仕事や家庭で話を伝えるシンプルなコツ!人は話を聞いていない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
何度も伝える

あなたは何か大事な伝えたいことってありますか?

でも、相手に伝えようとしても、なかなか伝わらないことも多くないですか?

「あれっ?これって前に言ったはずだけど・・・。」みたいに思ったり・・・。

仕事や家庭で生活していく上で大事なルールってあります。

これは守って欲しいルールみたいな。

そんなルールを伝えたはずなのに、人は守ってくれません。

なぜなんでしょう?

 

それは、

伝わってないから

です。

ちゃんと伝えてるのに、伝わらない・・・。

そんな仕事や家庭で話を伝えるコツについて解説していきますね。

スポンサーリンク

仕事や家庭で話はなぜ伝わらないの?

「伝わってないのはわかった。でも、私はちゃんと言ったよ。」って思われたかもしれません。

でも、何で伝わってないのでしょう?

答えは簡単ですよ。超簡単です。

 

聞いてないから。

 

です。

 

「ふざけんな!」と思われたかもしれません(笑)

たいていの人はそう思うでしょうね。

「せっかく時間をさいて、伝えてあげたのに、聞いていないって・・・。」

モヤモヤした感じになりますよね。

 

でも、

実際人は聞いてないんっすよ(笑)

人は何にも聞いてないっす。

一応聞くけど、右耳から左耳にぬけていったみたいにどんどん忘れていきます(笑)

真の意味では聞いてくれないんです・・・。

 

右耳から左耳に抜けるのは極端な例ですが、内容は何となく理解しているけど、真の意味でわかってくれてないことが本当に多いんです。

人に期待すんなってことです。悲しいですけどね・・・。

 

でも、逆の立場で考えてみてください。

あなたが聞く側だった場合どうですか?

ちゃんと聞いています?

 

「ハイ!私は聞いてます!」って方はどれだけいるでしょうか。

ちょっとでも、疑問に思ったことをちゃんと質問してますか。

自分なりの理解でそのまま突き進んでないですか。

仕方ないんです。だって私たちはみんな忙しいもんね。

次々こなさなければいけない仕事や雑務がいっぱいあるんです。

 

あと日本人って空気読んで行動しなければいけないので、あんまり質問しすぎても場の雰囲気が悪くなりそうで、質問しにくいですよね。

質問って、とり方によっては責めている様に感じられたりもしますしね。

本当に伝えることって難しいですね。

 

でも、聞いてないことをわかったうえで、伝えようとすると、伝え方を工夫しようとします。

伝えるには工夫が必要になってきます。

スポンサーリンク

仕事や家庭で相手に話を確実に伝えるための方法は?

その工夫の一つが何度も何度も伝えることです。

何度も何度も伝えると言っても、「このお菓子がうまい。」「このお菓子がうまい。」「このお菓子がうまい。」って同じ言葉で伝えたらダメですよ。

何回も聞いたよってなるし、「大丈夫か」って逆にあなたが心配されるでしょう。

 

同じ言葉で伝えるのではなくて、表現を変えて伝えることが大事です。

 

  • 「このお菓子の味っておいしよな。」
  • 「このお菓子の見た目かわいいよね。」
  • 「このお菓子は〇〇さんも美味しいって言ってたよ。」
  • 「このお菓子は小さいころにおばあちゃんがよく買ってくれてね・・・・。」

などなど。

表現を変えて伝えることで、このお菓子のことを、とても大切に思っていることが伝わりやすくなります。

 

場面場面で手をかえ品をかえ、伝えるんです。それでようやくコアなことが伝わります。

伝え方のシンプルなコツ

人の伝わり方って様々あります。

見て伝わるし、読んで伝わるし、聞いて伝わるし、感じて伝わります。

細かく考えると本当に様々な伝わり方があります。

 

美味しいっていう部分を伝えるだけでも、

  • 「お菓子美味しい」
  • 「このお菓子うまい」
  • 「美味しすぎる・・・」
  • 「お菓子の域を越えた!」
  • 「まったりとしていて、それでいてしつこなく・・・」

などなどの様々な表現があります。

これに、見ためや、そのお菓子に対する思いや、過去の経験(物語)とか考えると、本当に伝える表現方法って無限大です。

 

相手は聞いてないし、読んでないし、見ていないし、感じていないです。

だから、

伝える努力 = 何度も伝えること

なんです。

 

何度も伝えていきましょう。

より良い共通理解で、より良い未来を仲間と目指すためには伝えるって大事ですよ。

 

最後に

仕事や家庭で話を伝えるシンプルなコツを解説しました。

伝え方って様々です。

伝えることの本当にコアな部分について、私なりの考えをまとめてみました。

人間って私も含めて、聞いてないってことですねぇ。

でも、人は聞いていないってことを前提をしておくと、必要以上に落ち込むことがなくなります。

少しずつ、伝え方の工夫をしていくことですね。私もがんばります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す