夫婦共働きの旦那がお互いイライラしない様に気を付けていること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
夫婦共働きで旦那が気を付けること

夫婦共働きの家庭って増えてませんか?

専業主婦って昭和の時代に比べて減っているような実感ないですか。

女性の社会進出が進んだということでしょうか。

我が家も奥さんと僕の共働きです。

個人的には稼ぎ口が一個に依存していないというのは、リスク分散になって良いなあと思ってます。

二人の稼ぎでようやく生活できているので、全然ぜいたくはできてないのですが(´Д`)

奥さんに対してはありがとうって感じですね。

 

そんな夫婦共働きでお互いがイライラしないためにも、気を付けた方が良いなぁって、旦那である僕が思っていることを書いていきます。

スポンサーリンク

 

夫婦共働きで気をつけること

僕が共働きで重要だと思うのが、家事分担をきっちりやることですね。

この家事は僕、この家事はママみたいにです。

僕ら夫婦で例をとれば、洗い物は僕、調理は奥さんみたいな感じです。

 

ただ、一個注意した方が良いのは、その家事はあなたの分担だから知らないという態度はダメだと思います。

そういう態度はお互いがイライラする原因になりますよ。

むろん、ちゃんと話して、家事分担したのだから、ある程度相手に責任もってやってもらうのは大切です。そういう家庭のルールを作ったのだから。

問題なのは、あなたがやることだから、そのことは知らないよという態度です。

例えば、調理は奥さんですが、嫁にまかせっきりではなくて、献立を一緒に考えたり。風呂の掃除は僕の担当だけど、やり方が効率悪いなと思ったら一緒にやり方を考えたり。

 

まかせてるのだから知らんではなくて、お互いがやっていることに感謝しあいながら関心を持っていくことが大事だと思います。

分業制にすると、まかせてるから知らんよってなってしまいがちです。

僕らの場合、夫婦のトラブルってそんなところから起きたりもしてました。

やっぱり、お互いのことに感謝しながら関心を持つことが大切だなぁと思いました。

夫婦共働きで感謝

あとお互いの仕事のこと理解しようとする姿勢も大事です。相手の職場だから、完全に理解することは難しいけどね。

人間って自分が大事だから、「今日の私の仕事は辛かった・・・。」って自分の思いのみ加速しまいがちです。「あなたより私の方が辛いよ。」みたいになってしまいがちです。

 

そうではなくて、お互い理解しようとする姿勢が大事だと思います。

お互いの仕事のことを話し合える仲を目指してみたらどうでしょう。

時には職場の愚痴についてお互いが言いあったり、仕事の疑問の事、逆に仕事の良い事を話して見たり・・・。

大事なのは、私の方が、私の方がみたいにならないことですかねぇ。

 

なかなか難しいけどねぇ。

正直、お互いを理解するって難しいです。だって、違う人間だもの。

価値観が違う人間であるって認識をおくことも重要だとは思います。

完全にお互い理解しあうことは無理だと思っていないと余計なケンカの元です。

せっかくお互い理解しようとしているのに、「私は理解できない。」、「あなたは理解してくれない。」ってなります。

 

でも、理解しようとする姿勢をとることはできると思います。大事なのは姿勢です。態度です。理解しようという気持ちだと思います。

理解しようとする気持ちって相手のことを考えた気持ちです。相手への思いやりの気持ちです。それが大事かなぁと思います。

 

スポンサーリンク

 

家事のこと、仕事のことを書いていきましたが、根本はお互いが話をするってことにつきると思います。

普段からコミュニケーションをはかることだと思います。

大事なことから、雑談まで全部大事だと思います。

ほとんどの人が幸せな未来を想像して結婚したんだと思います。

家事、仕事、育児等々様々話することがとっても大切だと思いますよ。

 

最後に

夫婦共働きのことで気を付けた方が良いことについて考えました。

大切なのはお互い話することですね。

我が家はできているのかな・・・。

できる限り仲良く、でも時にはケンカしながら、ちょっとずつ夫婦としても成長していきたいですねぇ。

未来の幸せに向かう同志として。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す