パパの子育てや家事!~男も家事や育児ができるんだ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
男親の育児家事

私は男親ですが育児してます。

低賃金ですが、今の仕事はそんなに残業しなくても良い感じなので、子供と接する時間はママとそこまで変わりません。

朝は私の担当で、子供を起こしてご飯をあげて保育園までの送迎は私がしてます。

家事分担もしています。

よく一般的に、妻から見ると旦那は子供と変わらないことがあるって聞きます。

夫が家にいても、子供が増えただけで役立たないどころか手間が増えるみたいな。

でも、私はそんな状態ではないようにしてるつもりです。

あくまで私のつもりなので、奥さんはどう思っているかわからないのですが・・・。

よく男って家事や育児ができないって言いますが、できることをやったら良いと思います。

男だから気が付くこともありますし。

まあまあ世間的に見たら、かなりイクメンとは思うのですが、男だから気を付けた方が良いなぁと思うことがあります。

そんなことをつらつら書いていきます。

スポンサーリンク

パパが育児や家事をして気付いたこと

私が日々育児や家事をして気付いたことが様々あります。

大きく分けると

  • 男の子について
  • 家事分担のこと

の2つに気付きました。

まずは男の子ってことから書いていきます。

 

パパから見た男の子の子育てについて

ママは男の子のことがわからない場合が多い!

うちの子は男の子のためかヤンチャで、奥さんはとまどってます。

男の子の方が一般的に活発的と言いますよね。

そんあ男の子の行動はママは理解しにくいみたいです。

でも私は同姓だからでしょうか。

なんかヤンチャになってワーキャーする気持ちがわからなくもないです。

だからママみたいに、思わず怒ってしまうということが少ないように感じてます。

あくまで私の感じ方ですが。

だから、男親の私は子供の気持ちを代弁してあげるようにしてます。

同性だからこそわかることを、ママに通訳してあげているみたいな感じです。

 

男親の子育てでママと接するときに大事なこと!

でも代弁するときにとても大事なことがあります。

子供の代弁をしてあげることも大事ですが、子供の側にだけ立ちすぎてママのせいにしないことが大事です。

それをすると、怒って戸惑っているママに対して、泣きっ面に蜂状態になってしまうからです。

ママだって必要以上に怒りたくないはずです。

子供の側にだけ立って代弁するだけでは家族関係がうまくいきません。

大事なのは戸惑っているママの気持ちも、子供の気持ちも理解してあげることかなぁと思います。

ママと子供の間に立ってあげるというか。

そんな感じですね。

子供とママと両方に対してフォローをしてあげるというか。

 

子供が悪いことをしたときは?

ただ、子供が悪い事をした時は、私も叱るようにはしています。

でも叱る時、注意していることもあります。

ママと私の両方が叱らないようにすることです。

子供の逃げ場をなくなるためです。

このことはママと普段から話しあっているため、私が叱っている時は嫁は静かに子供と接してくれます。連携とれてるなぁと感じてます。

スポンサーリンク

男親との家事分担について

ママのやってくれた家事を感謝することが大事!

家のインテリアはママがやってくれてます。

私はほとんどノータッチです。

私は雑貨等にはあまり興味がないです。

女の人って雑貨好きですね。

 

でも、好きだからと言って家のことを全部やると、やっぱりしんどいですよね。

まぁ、ちゃんとインテリアにこだわりたいママの業(ごう)とも言えるんですが。

でも、やってくれた家事はママに感謝しましょう。

家にいても、雑貨屋のような雰囲気にしてくれているのはママのおかげです。

 

料理がママの場合も感謝する!

わが家は料理もママの担当です。

料理って他の家事と違う部分があります。

料理は日々の献立を「考える」ということが必要なことです。

料理って考えなければいけないので、単なるルーチンワークにしにくい家事です。

考えるって疲れますよね。

だから、人はルーチンワークにして、負担を減らそうとしてます。

でも献立は「考える」をしなくては仕方がない家事です。しかも毎日です。

日々の料理にも感謝ですね。ありがとう、ママ。

 

 最後に

パパの子育てや家事について思うことを書いてきました。

奥さんに何か伝えるときは感情にまかせず、相手のことを尊重して言うように心がけたいですね。

そのためには、奥さんに謙虚に感謝していこうと思います。

これからもよろしく、いつもありがとう、ママ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す