夜桜デートで何する?具体的なプランの立て方や持ち物を解説するよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
夜桜デートを楽しむために計画の立て方は?

日中に見る桜も良いもんですが、夜桜も独特の雰囲気があります。

そんな雰囲気がある夜桜を彼女と一緒に見ることは、ムードがあって良いもんです。

夜桜デートは彼女との仲を深めるためには、とても楽しいデートにもなりえます。

ただ、夜桜デートには様々な注意点があります。

そんな夜桜デートについて具体的なプランの立て方について紹介していきます。

スポンサーリンク

夜桜デートで何する?プランの立て方を紹介!

夜桜デートで大切なのは、とにかく段取りです。

1日かけたデートではなく夜だけのデートなので、一度失敗すると、挽回することができずデートが終わってしまいます。

食事をどうするかで彼女の気持ちも全然変わりますし、

花見スポットなど場所をどこにするかでも印象が違ってきます。

ある程度は大丈夫なんですが、あまりにも段取りが悪いと彼女から、「この人、大丈夫かな?」って思われてしまいます。

まあ、段取りが大切なのは、夜桜デートだけでなく、全てのデートに言えることですが・・・。

そんな夜桜デートの段取りについて、次の項目から具体的に解説していきますね。

夜にお花見デートでムード満点!

夜桜デートの具体的なプランの立て方は?

夜桜デートは食事をどうする?

夜桜デートの計画を練る時に大切なのが食事です。

食事をどうするかで、行動の仕方が変わってきます。

食事は

  • 飲食店で食べる
  • 屋台などで買って食べ歩き
  • 彼女のお弁当

の3つが考えられると思います。

この中で私がお勧めするのが、『飲食店で食べる』です。

飲食店で食べた後、食後の散歩がてら夜桜を見るのもムードありありではないですか(笑)

夜桜を彼女と歩きながら見るのは、とても楽しく良い気持ちになりますよ。

ほわぁ~って感じの何とも言えない良い気持ちです(笑)

 

そして、飲食店を予約する時は、できたら桜が見える飲食店なんかにしておくと、相当喜ばれると思いますよ。

まあ、この時期は桜が見える飲食店は予約でいっぱいだったりするので、できたらで良いですよ。

あと、夜桜散歩の後、まだ彼女と一緒に過ごせる時間ある場合があります。

そんな時のために、おしゃれなバーなどをあらかじめ探しておいたら、さらに彼女と一緒に楽しく過ごしやすいですよ。

 

お花見と言えばお弁当みたいなイメージもありますが、夜桜の時期は、まだまだ外で食べると寒いことが多いです。

日中にデートするなら、お弁当は全然ありだとは思います。

ただ夜桜となるとちょっと寒いですし、場所の確保も難しくなってきます。

そして、夜桜デートという事で、彼女と仕事終わりなどに待ち合わせるケースもあると思います。

そんな場合は彼女にお弁当を作ってもらうことは、彼女の負担も大きくなります。

 

もし、彼女がお弁当を作ってくれると言うなら、逆に外食のプランを逆提案してみたらどうでしょう?

「弁当用意するのも大変だと思うし、夜はちょっと寒いよね。」みたいな内容を伝えると、彼女も納得してくれるのではないでしょうか。

まあ、どうして彼女がお弁当が良いなんて言われた場合は、彼女の意思を尊重した方が良いとは思いますが・・・。

その場合は、食べる場所を確保できるのかという観点でお花見スポットを探しましょう。

 

屋台などで買って食べ歩きするのもありだとは思いますが、屋台が出ている花見スポットは夜桜宴会をしている人たちもいたりして、ちょっとムードを高めにくかったりします。

彼女がアクティブな性格でそんな雰囲気が好きなら、屋台で買って食べ歩きも悪くないとは思います。

こちらも飲食店を探さなくても楽ですしね(笑)

ただ、屋台だけではお腹がすくかもしれないので、その場合は近くの軽食がとれる飲食店も探しておいた方が良いかもしれません。

ちょっと一休みもできますし、人間ってお腹がすくと意外とムードって高まらなかったりします(笑)

 

夜桜デートの場所は?

場所を選ぶときは彼女の性格を考慮しましょう。

有名なお花見スポットは、この時期、大学生やサラリーマンなどが宴会などをして騒がしいことも多いです。

彼女がにぎやかな雰囲気が好きかどうかで、場所選びは変わってきます。

静かな雰囲気が好きな彼女の場合は、そんな桜の場所を事前にリサーチしておきましょうね。

 

また、食事をお弁当にするプランを選択した場合、場所の確保が必要になってきます。

とは言っても、なかなか事前に場所取りすることは現実的に難しい方も多いと思います。

なので、事前に場所取りをしなくても、場所の確保ができるお花見スポットが望ましいです。

ただ、このお花見の時期なので、その場所に行ってみたら想定していたベンチが座られていたりもします。

地面に座る場合も考えてレジャーシートを用意しておいても良いかもしれません。

この場合、レジャーシートだけでは夜の地面は冷えるので座布団のようなものもあった方が良いとは思います。

正直、こういうわずらわしさもあるので、外食プランがおすすめだったりします。

 

また、待ち合わせ場所もちゃんと考えておいた方が良いです。

個人的には駅などのわかりやすい場所で待ち合わせすることをお勧めします。

お花見スポットで待ち合わせしても、場所の指定がしにくく、夜の公園などはわかりにくかったりします。

静かなお花見スポットを選んでいたとしたら、そんなところに彼女を待たすのも防犯上どうかとも思いますしね。

 

そして、周辺の地図やスポットを頭に入れておくことも大事です。

お花見スポットで待ち合わせするなら、大丈夫かもしれませんが、駅などで待ち合わせしてお花見場所に行く場合、歩いていくことになります。

駅→食事場所→花見スポットみたいな感じで、移動するようになります。

ちゃんと周辺の地図を頭に入れておくと、少々迷っても彼女を案内できます。

移動時間も彼女と過ごす大事な時間です。

迷って彼女をさんざん歩かせるのは、彼女の印象が悪くなりますよ。

夜桜散歩した後も、公園が広かったりしたら場所が良くわからくなるときがあります。

そんな時も周辺の位置関係がわかっていたら安心ですよ。

 

時間も調べておこう

ちゃんと夜桜のライトアップの時間帯や公園の開園時間を調べておくことも大事です。

行ってみて桜を見えないのは悲しすぎます・・・。

例えば、外食プランを実行して食事をレストランで食べてムードが高まってきたのに、ライトアップ自体が終わっていたら台無しです。

時間によったら、食事と夜桜の時間を入れ替えても良いでしょう。

 

代替え案も用意しておく

お花見は天候や気候によって左右されるデートです。

約束していた日に桜が咲いてなかったり、雨が降ったりすることもあります。

そんな時のために、代替え案を2~3個用意しておくと安心です。

そう考えると桜の木が見えるレストランの予約は、雨を降った時にも対応できるので良いですね。

 

代替え案を用意しておくと、機転が利く人と思われて、彼女の印象アップですよ。

雨が降らず桜が満開の場合も、代替え案を考えておくことは、今後のデートプランを考えるときに役立ちますよ。

 

夜桜デートで彼女と別れた後も

夜桜デートで彼女と別れた後も、LINEなどで楽しかったことを伝えましょう。

遠足は家に帰るまでが遠足ならぬ、デートは後のLINEまでがデートです(笑)

「今日はお花見キレくて楽しかった。ありがとう。」などを伝えましょう。

今日のポジティブな感想と感謝を伝えると、印象がとても良い感じになりますよ。

特にまだまだ親しくない場合は、次につなげるために大事な大事なLINEですよ。

スポンサーリンク

夜桜デートであると便利な持ち物は?

夜桜デートで持ち物もちゃんと用意しておきましょう。

  • カイロ(寒くてあれば重宝)
  • お弁当プランならレジャーシート、毛布
  • 小銭(屋台などで買ったりします)
  • ウェットティッシュ(外系の遊びでは便利)
  • コンビニ袋くらいのサイズのゴミ袋(これも外系の遊びではとても重宝)

くらいは用意しておきましょう。

カイロは彼女も持ってくるとは思いますが、彼女の分も用意しておくと、彼女が忘れたときには喜んでくれますよ。

当たり前ですが、手渡すのですから張るカイロにはしないでくださいね(笑)

 

ただ、この場合注意点があって、男性が張り切って用意しすぎても、女性が引く場合もあります。

例えば、彼女が弁当を用意してくれるのなら、レジャーシートも彼女が用意してくれるかもしれないです。

彼女の性格にもよりますが、この微妙なさじ加減は難しいものです。

レジャーシートなどの大物系はどちらが用意するか、彼女に確認できるなら確認しておいた方が良いでしょう。

 

最後に~夜桜デートで彼女との良い思い出を!~

夜桜デートで大切な段取りについて具体的にお伝えしてきました。

夜桜デートはムードも高まって、本当におすすめのデートです。

私も彼女と夜桜デートに行ったことは、とても楽しかった思い出になっています。

そんな楽しい思い出が積み重なったのか、今では当時の彼女が奥さんになっています。

あなたも夜桜デート楽しんで良い思い出を作ってくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す