仕事や遊びの誘いを断り方がわからない!人見知りも上手に断ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
断る

あなたは「断る」ことってできますか。

僕はなかなかできません。僕は人見知りの上に、結構お人よしなんです。

必要以上に嫌われたくないというか・・・。だから時間があえば、できる限りやってあげます。

誘われたら飲み会にも行きます。時間があわなくても調整しようとしたり。

人見知りには飲み会に行くって、結構苦痛だったりします・・・。

 

でも人生は場面場面で断った方が良いことも多くあります。大きい事から小さい事まで断った方が良い事が様々あります。

でも、断ったとしても、何か罪悪感がないですか。ちゃんと考えて時間調整してやってあげたら良かった・・・。役に立つなら本当はやってあげたかったんだけど・・・。

 

何だ?この罪悪感・・・。

断わろうとして、このモヤモヤした罪悪感みたいなものを考えてしまって、結局断れない・・・。

人見知りだったら余計に断れない・・・。

今回は「断る」ってことを考えてみようと思います。

スポンサーリンク

仕事や遊びを断ることで罪悪感がでてくる

人からの依頼を断ると、何故か罪悪感がセットででてくること多くないですか。

断るっていうこと=罪悪感が生まれること・・・みたいな

相手の依頼を断ると、無意識に相手に借りを作った気持ちになってしまいます。

 

何故なんでしょう?

 

人間って生き物は集団生活で自然界を生き抜いてきました。人間って集団の協調を重んじます。

だから断るということに罪悪感がでてきます。

日本人は特に世間や組織、何らかの集団の意向を気にする傾向にあります。和を重んずるというか。会社は、うちの課は、学校は、クラスは・・・等々。

 

でもこれでは相手の思うつぼになってるかもです。

断ることに罪悪感が生まれることがわかっている人は、あえて断らせることで、借りを作らせることを狙ってくるかもしれないっすよ。

そんな風な、すれた人間ばかりだったら悲しいけどね。

人見知りって相手のペースに巻き込まれたりします。人見知りは要注意かも。

 

人見知りが断る

 

断り方がわからない人見知りは罪悪感に気付け!

なかなか「断る」って勇気がいる行為ですよね。僕は人見知りで小心者なんで、断るってドキドキします。

そんな人見知りが「断る」ってことをスムーズにするためにはどうしたら良いのでしょう?

 

まずは気付くことではないでしょうか。断ると罪悪感が生じるという事実に。

そして相手に借りを作ったみたいに感じますが、そんな借りは存在しないことに気付くことです。断ったという事実があるだけです。

 

相手の依頼に対して断ったのは、時間や気持ちの余裕がないから断ったというのが事実です。その事実以外何もありません。もう1回言います。忙しいから、断っただけです。

明確に借りを作ったわけではないんです。勝手に自分で借りを作っているだけです。断って悪いなぁという思いから勝手に借りを自分の中に作ってしまっているんです。

 

確かに断られた相手は嫌がるかも困るかもしれませんね。

でも、それも「かもしれない」です。実際嫌がっているかどうかわかりません。

 

大事なのは、こんな風にちゃんと考えることだとおもいます。

断ることで生じる感情はどうなるか?

本当に断ることで相手は困るのか?

そもそも忙しい自分に頼んできた相手はどうなのか?

代替えできる方法はないのか?

等々

様々考えることが大事です。

 

ちゃんと考えるということは、相手を尊重していることになるからです。

断る時も、相手のことを気遣った断り方につながります。

時間があるときに、「断る」ってことをちゃんと考えると、次回の断り方に活かせますよ。人って考えて考えて成長していくんすね。

 

何かモヤモヤしたまま断れない人って、そこまで考えていないことが多いです。

モヤモヤしてちゃんと考えずに、モヤモヤしたまま、また断れません・・・。

 

スポンサーリンク

 

人見知り勇気を持ってソフトに断れ!

「断る=悪い事」という思考から脱却しましょう。

時間と身体は有限なんです。

自分の中に断る理由付けをしっかり持ちましょう。

断った後、モヤモヤした気持ちを持たないために。

人見知りで小心者は特にちゃんとした理由付けがないと行動できません。僕がそうです。

 

そして相手を尊重してソフトに断ろう。

コツは人に対してではなく、物事に対して断りましょう。「〇〇さんの誘いはありがたいけど、先約があるから難しいです。」みたいに。その誘ってくれた人を否定するのではなく、物事に対して断るんです。

仕事の依頼だったら、「今〇〇をやっているので、もう少し猶予をいただけませんか。」みたいに。

 

そして・・・

あなたは罪悪感と向き合った結果、断るという決断をしました。

断った時は、引きずらないようにしましょう。

断った自分も愛しい存在なんだ。ちゃんと理由があるから断ったんだ。と自信を持つことです。僕のような小心者で人見知りは特に大事ですよ。

引きずることの方がパフォーマンスが落ちて、みんなに迷惑をかけると考えみたらどうでしょう

 

最後に

人見知りが「断る」ってことについて考えてみました。「断る」って心臓バクバクしますよね。勇気がいります。

人見知りにとって「断る」ってハードルが高すぎます。

 

でも、ちゃんと考えて断ったなら、良いと思いませんか?。相手のことも踏まえて考えたわけだから。

「断る」ということを使いこなしましょうね。僕もがんばります。

 

人見知り改善のレシピ集です。

人見知りまとめ記事~人見知り改善戦記~

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す