やる気の出し方を見てもピンと来ないあなたへ!本音で紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
やる気を出す方法を見てもピンと来ないあなたへ!

検索していて、やる気を出す方法を見てもしっくりこないことないですか?

やる気を出す7つの方法みたいなものを読んでも、心に響いてこないというか・・・。

もっとな本音レベルで、やる気の出し方を知りたいって人もいるでしょう。

そこで今回の記事では、本音レベルのやる気の出し方について書いていきます。

本音レベルで書くので、ちょっと厳しい意見もあるかもしれませんが、興味のある方はお読みくださいね。

スポンサーリンク

『やる気の出し方』を見ても、ピンと来ないのはちゃんと考えないから!

やる気の出し方を見たりしても、何かピンと来ないのは原因があります。

すいません、冒頭ですが、いきなり厳しい意見を言いますね。

あなたがやる気の出し方集を見て、何かピンと来ないのは、やる気の出し方について真剣に考えていないからです。

やる気を出す方法を探しているくらいだから、真剣に考えられなくても仕方がないかもしれませんね。

でも、事実なので、今から他のサイトを見ても、グッとくることはないと思いますよ。

 

そこで、どんな風にあなたが真剣に考えていないかを、具体例を挙げて説明していきますね。

例えば、よく色んなサイトでやる気を出す方法として、『結果よりもそのプロセスに価値を見出す』なんてことを言われてますよね。

そしたら、あなたは、「そのプロセスに価値を見出すことができているなら、こんな悩みで検索しないよ!」って思ったりするかな?

でも、それってそのアドバイスについて、真剣に考えられてないから、そんな風に思ってしまうんです。

 

確かに、プロセス、過程にやる気を見出すって何のことなんでしょうね?

意味わかりませんよね。

 

私なりに考えてみますね。

過程にやる気を見出すことは、結果へのやる気につながるんですね。

それはなぜかと言うと、過程の積み重ねで、結果になります。

でも、あなたは結果が出るのがまだまだ先で、いまいち実感できなくてやる気を失っています。

その過程の意味を見出せない時点で、全体像が見えていないだと思います。

では、結局この『結果ではなく過程にやる気を見出す』というアドバイスは何なんだということですが、『あなたは見失っているから、とりあえず目の前のことをやりなよ』っていうアドバイスです。

 

もしかしたら、各サイトによって伝える内容が異なるのかもしれません。

でも、大事なのは自分で考えることです。

考えるやる気がでないなんてことを言われそうですが、考えていないからピンと来ないんですよ。

やる気をないということで、人から、インターネットから、本からいろんなアドバイスはもらえますが、自分次第であるということは肝に命じておきましょう。

 

なんか難しい抽象的なアドバイスを活かす方法は、考えて自分なりの言葉に置き換えれるかどうかって大切ですよ。

今回の例でいったら、『あなたは見失っているから、とりあえず目の前のことをやりなよ』っていうことですよね。

考えると言うと難しいかもしれませんが、「自分なりにかみ砕いて表現するとどうだろう」って考えてみると、意外と簡単に考えれますよ。

 

いろんな助言を自分に落とし込めるようになると、やる気も失いにくくなります。

そして、その解釈は自分なりで構わないです。

例え、伝えている人の意向と少し違う考えになっても良いんです。

大事なのは、考えて自分なりの結論を出すことです。

やる気を出したいんだったら、ヒントをくれているのだから、考えることくらいしてくださいっていうことです。

 

一番大切な考え方を最初に紹介しました。

この考え方を持って、他のページを見ると、あなたは有益な情報を得られます。

このページを閉じて、他のページ見に行っても良いと思いますよ。

ここまで読んでくれて、ありがとうございました。

 

ただ、上に紹介した方法だけでは、この記事もさびしいので、他にも私がやっているやる気を出す方法も紹介しますね。

良ければお読みくださいね。

 

とりあえず1分で良いんだ!1分だけやってみる!

私がやっている方法で、かなり有益なやる気を出す方法は、『とりあえず1分で良いからやってみる』ということです。

人間って最初の一歩を踏み出すのが、おっくうな生き物の様です。

1分だけでも良いから始めてみることをお勧めします。

とりあえず始動をするには、ハードルが低い方が良いです。

とりあえず1分と思って、やってみてください。

1分だけとやってみると、意外と作業が続けていきたくなりますよ。

 

集中力は持続しないことを理解する!

1分だけと作業が始動できたとしても、集中力は持続し続けないことは自覚しておきましょう。

休憩が大事です。

一段落するまでやってから休憩って方も多いと思いますが、作業途中であえて休憩することもおすすめします。

やる気がない時は、休憩後、何かダラダラして作業に復帰できなかったりします。

作業途中でやめることで、また休憩後すぐに再開したくなりますよ。

ただ、この方法はモチベーションが高い日は、作業が気になって逆に休憩できなくなるかもしれないので、その日のやる気に応じて使い分けてくださいね。

 

最後に~やる気を出すこと~

やる気を出すには、自分で考えることも大切だよと言うことをお伝えしました。

やる気を出す方法を知りたくても、自分に受け取る姿勢がなければ結局サイトを周回するだけに終わるということを言いたくて、厳しい意見をお伝えしました。

日々忙しいと思いますが、頑張ってくださいね。

私も頑張ります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す